« Dr.DAC2 DXのオペアンプ交換作業 | トップページ | 開星高 野々村直通監督 »

2010年3月22日 (月)

直流電源の改造

Dc_power_supply_5

この三連休は、ジャンク品として入手した直流安定化電源の改造とメインテナンスをしていました。
 
左は、完成後の写真です。
オーディオ機器用の電源として使うので、ちょっと遊び心でケースを『赤』に塗装してみました。
近所のホームセンターで、アクリルラッカースプレーが格安で売っていたので、それを使いました。
アクリルラッカーは光沢が出るので、けっこう良い感じで仕上がりました。
 
ところで、この電源。 先日、オークションで500円で落札したものです。
DC5Vと、+15V, -15Vが取り出せるので、一般の電子回路の他、OPアンプにも使えます。
出品者は、『動作に問題はないが古いものなので...』ということで、控えめの価格設定でしたが、他に入札者もいなかったので500円でゲットできました。
部品取りと、ケースくらいは流用できるだろう、という程度の気持ちで入札したのでした。
 
で、到着したものを見ると、
.....やはり年代物でした。 ケースの塗装が所々で剥げており、ちょっとこのままではみっともない状態です。 因みに塗装前のケースは、これ。

Dc_power_supply_1

色が水色ということもあり、ますますみすぼらしい感じでした。 それを再塗装したのが最初の写真です。
自分で言うのも何ですが見違えるように、元気な姿になりました。
 
さて、外見を良くしたら、中身も良くしたくなりました。 そこで、『てっちゃん電源』。 もとい、出川式電源の出番です。
 
DC 5Vは1A以上取り出せるので、先日購入したデジタルトランスポートND-S1の電源として使用すべく、回路を改造することにしました。
下は改造前の内部の様子ですが、電線がかなり入り乱れています。 

Dc_power_supply_0

正直、美しくありませんが、ま、ジャンク扱いで入手したのですから文句は言えません。
 
基本的には、ブリッジダイオードと、電解コンデンサを交換するだけですから、改造は難しくありません。これが出川式電源のメリットです。

Dc_power_supply_2

因みに、整流ユニットをケースに取り付ける際に、放熱を良くするためのシリコンを使いました。 熱伝導を良くする白いグリスです。

Dc_power_supply_3

電子工作をはじめて数十年経ちますが、放熱用シリコンを買ったのはこれが初めてです。 今まで、如何にテキトーにやってきたかがばれそうですが....

Dc_power_supply_4_2

結線とユニットの取り付けを終え、フロントパネルの端子類を掃除して写した写真が次の一枚です。
うふっheart01  我ながら良くできたわい。 赤は映えるなあ。 ...音は目から入ってきますからね~。 happy01
 
そして、ND-S1の電源をオリジナルのスイッチングレギュレータから、この赤ボックスに切り替えて聞き比べたところ、期待通りの音質改善効果!
今まで隠されていた音が聞こえてきます。 それに音場が広がっています。 改造した甲斐がありました。
 
これで、iPhone→ND-S1→Dr.DAC2 DX→D-P1(ONKYOのアクティブスピーカー)というシャックのオーディオシステムが納得のゆく音になりました。
さて、次は何をしようかしらん? と、手元を見るとこんなものが....

Troidar_transformer

de. 電池男改め、電源男

|

« Dr.DAC2 DXのオペアンプ交換作業 | トップページ | 開星高 野々村直通監督 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

早速電源改造・・・と思ったら、新しく手に入れた電源の改造だったのですね。でも+-15Vだと整流回路は二つだったのではありませんか?一個だったのかな?
いづれにしてもDMS-05にちょうど良い電源の完成ですね。

トロイダルトランスは200W位だから結構大きいですよね。12V10Aクラスの別の機材のトランス交換では?

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年3月22日 (月) 17時33分

あ、パワードスピーカーだぁ。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年3月22日 (月) 17時35分

>でも+-15Vだと整流回路は二つだったのではありませんか?一個だったのかな?
実はこの電源装置、±15V系と、5V系が別々に回路が組まれていまして、今回、てっちゃん化したのは5V系のみです。 →ND-S1の電源に使う系統のみ改造。

従って±15V系は無改造のままです。 今日、シリーズ電源GSV3000と聞き比べをしたら、このジャンク電源の方が良い音していました。 10年以上に亘るエージングの賜物かも??

因みに、写真に写っているトライダルトランスは225VAのものですが、これで正式な±15V電源をつくる予定です。
オペアンプの電源として使ったり、DMS-05や、Dr.DAC2 DXなどの電源に使おうと思っています。
部品は大体揃っているので、あとは気力が充実するのを待っているところです。coldsweats01

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年3月22日 (月) 18時19分

塗装キレイに仕上がっていますね。
塗装大好きです。
缶スプレーは、
 プッシュ全開で、一定速度、一定距離をキープしながら通過するように吹く
 ずらしながら塗り重ねて吹く
 一回で一気に塗らない。
 一通りやったら数分のインターバルを置いて再び吹く
 これらをトータル3回くらいやって、ちょうどキレイに塗れるくらい、一回は薄くて良い。
 薄い分は回数でフォローする。
 スプレーは下向きには吹けないので対象物の面を立ててこちらに向けておく
こんな感じでしょうか。
発色を良くしたいときは、下地に白を吹きます。
車のような艶が欲しい時は、この上に直接クリアを吹きます。
クリアの有無を問わず、ここから表面をペーパー1000、1200、1500で磨いて、
さらにコンパウンド、極細目、微粒子、超微粒子の3種を順にかけていくと鏡面に仕上がります。

 失礼いたしました。

 

投稿: JO1KVS | 2010年3月22日 (月) 23時47分

小出さん

大変詳細な作業要領ありがとう御座いました。
これを最初に知っていれば、もっと上手に塗装できたように思います。
次回塗装時に参考にさせて頂きます!

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年3月23日 (火) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/47878123

この記事へのトラックバック一覧です: 直流電源の改造:

« Dr.DAC2 DXのオペアンプ交換作業 | トップページ | 開星高 野々村直通監督 »