« 空耳もここまでくると凄い (空耳第二弾) | トップページ | HOT MENU Vol.22 »

2010年5月22日 (土)

DMS-05D ゴージャスバージョン

Dms05d_1_small_2

先日、DMS-05のキット販売を計画していることを当Blogで書きました。
目下、仕様や部品の選定もほぼ固まりつつあります。

因みに、製品名は『DMS-05D』とすることに決まりました。
CQ誌4月号で紹介したマイクアンプは、ファンタム電源PS-400の中に実装するタイプでしたが、今回頒布を計画しているものは、そのマイクアンプ部分を切り出し、別のケースに収めたものです。
つまり、ファンタム電源は含まないので、ダイナミックマイク(Dynamic Mic)をそのまま接続して使えます。 そこで、その頭文字Dを取り、DMS-05Dとしました。

勿論、専用ファンタム電源が付属するコンデンサマイク(RodeのNTKや、K2など)には、そのまま接続して使えます。 ファンタム電源の供給が必要なコンデンサマイクを使用する場合には、途中にPS-400などを入れれば使用できます。
そうした意味では、非常に汎用性の高い単機能マイクプリ(要するに増幅するだけのアンプ)とも言えます。

そんな中、自分用にDMS-05Dのゴージャスバージョンを作ってみました。

回路的には、頒布予定のものとほぼ一緒ですが、使用する部品に贅沢品を使った仕様です。 最初の写真は、その基板部分です。 汎用基板ICB-86に実装しています。

Dms05d_2_small

ひときは目を引く黄色いやつは、カップリングコンデンサとして使っているMusicapの2.7μFです。余りに大きいので基板からはみ出してしまいました。 写真のようにワイヤーで基板に縛り付けています。
残念ながら、このコンデンサは高価すぎるのでキット品では別のコンデンサが使用されます。 しかしご安心下さい。ちゃんとした音響用のコンデンサを使いますので。
 
ゲイン調整のボリュームには、東京コスモスの大型のものを採用(下写真左)。 1個400円也。

Cosmos_vr_small

シャフト径が太く通常のツマミが使えなかったため、部品棚を物色。 すると中学生時代に買ったダイヤル式のツマミがありました。 見かけはそう悪くないので、そのまま取り付けて使うことにしました。(尚、下の写真はキット品の外観とは異なりますのでご注意下さい。 この写真は、あくまでもJA1BBPゴージャスバージョン1号機の外観です)

Dms05d_5_small

ケースは、テイシン電機のTE-315を使用しています。 ゴム足が付属するコンパクトなケースです。キット品でも、このケースを使う予定です。

Dms05d_6_small

ふと、シャックにあるマイクアンプの数を数えてみたら、何と8台。 
メーカー製、自作合わせての数ですが、ちょっと増えすぎたかしらん? coldsweats01

<ご報告>
DMS-05Dの先行予約は5/19で一旦締め切らせて頂きました。予想を超えるたくさんの方からご予約をいただいた事は大変嬉しい限りなのですが、大魔王を含めた出展メンバーの処理能力を超えた受注は責任を持ちきれないと考え、そのような判断をさせて頂きました。 悪しからずご了承下さい。 たくさんの予約ありがとうございました。

|

« 空耳もここまでくると凄い (空耳第二弾) | トップページ | HOT MENU Vol.22 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

すばらしいキットができましたね。入手できることを楽しみにしています。
なお、私が作った DMS-05 は一般的な手持ちパーツを活用して作りましたが、すばらしい音です。
現在 TS-520 に使っています。
相手局はみなその音質に驚いています。

投稿: JA1SLR | 2010年5月22日 (土) 10時28分

んん???
あれれ???

ミュージキャップに東京コスモス・・・すると、1番pinに繋がっている焦げ茶色の抵抗はもしかしてOHMITEの無誘導巻線抵抗かな?
一見大きめのカーボン抵抗のようで・・・実は・・・。
他はREXなのにソコにジャンクのカーボン抵抗はあり得ないですもん。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年5月22日 (土) 13時06分

水越さん

DMS-05快調のようで何よりです。イコライザではなくアンプそのもので音が変わるというのは、やっていて楽しいですよね。 キット品も音質にこだわった内容になっていますのでご期待下さい。

福井さん
この抵抗、昔、オーディオ用途で買った物だと記憶しているんですが、実は素性は良く覚えていないのですcoldsweats01 何だか、このゴージャスバージョン、音の抜けが期待しているレベルよりも良くないので、部品や結線の見直しを行ってみる予定です。

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年5月22日 (土) 14時06分

早坂さん
1512はカップリングコンデンサーの影響が大きいように感じます。2.7uFだと思いますが1uFに程度にするとヌケませんか?
こちでも0.47+0.47でチョイ低域不足で+2.2uFしたら3kでローパスかかっちゃいました。SSB的には適正なんでしょうけど、ヌケ悪いです。
1.5uF辺りかなぁ・・・。
でも10uFのDytonだとバッチリなんだよなぁ~。銘柄で変わるかなぁ・・・。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年5月22日 (土) 15時58分

 素晴らしいですね~。
 アンプの名前、つけましょう!
 「大魔王」とか。

投稿: JO1KVS | 2010年5月23日 (日) 08時38分

>「大魔王」とか。
あはは。 確かにバージョンに応じて名前を付けるのも良いかも知れませんね。
『魔王』
『大魔王』
『魔界への誘い』
...あ、これは焼酎の名前だったcoldsweats01

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年5月23日 (日) 11時58分

ダークフォース1 とか。
BBEに対抗してBBPとか。
ブランド展開しましょう。
ハムフェアが楽しみですね~。

投稿: JO1KVS | 2010年5月24日 (月) 20時05分

>ハムフェアが楽しみですね~。

ハムフェアでは、DMS-05Dキットの販売だけではなく、色々な企画も計画していますのでご期待ください! happy01

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年5月25日 (火) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/48422680

この記事へのトラックバック一覧です: DMS-05D ゴージャスバージョン:

« 空耳もここまでくると凄い (空耳第二弾) | トップページ | HOT MENU Vol.22 »