« CQ誌2010年7月号 | トップページ | 大魔王、鼻の手術を受ける(其の参) ~術後の経過~ »

2010年6月21日 (月)

MIC2200美音化プロジェクト(其の参)

Mic2200_7

口呼吸のため集中力が保てないにも関わらず、他にやることがないので週末はMIC2200の改造作業をしていました。

 
■コンデンサの交換
 さしあたって、おこなったのはケミコンの交換。 リアパネル側の全てのケミコンをニチコンのFine Goldに交換しました。 因みに、交換したコンデンサの容量と耐圧は次の通り。
  1,000μF 35V x 2
  10μF 50V x 2
  100μF 100V x2
  220μF 100V x 1
  47μF 50V x2
  47μF 25V x2
この11個の交換に要した費用は1,730円也。 あ、因みに今回MIC2200の美音化プロジェクトの予算は5,000円なので、まだ予算 内です。

■平滑回路の強化
 トロイダルトランスからはAC ±18V(無負荷時電圧)が供給されており、最終的には基板上でDC±15Vが作られる回路構成になっています。
コンデンサ交換後、基板上にあるチェック端子にテスターピンを当て電圧を測定したところ、確かに±15V程度は出ています。 しかし、リップルが大きく、0.4V程度変動していることが分かりました。 へえ~、この程度の平滑しか出来ていないんだ。 それもそうだ、平滑コンが1,000μFじゃたかが知れている。

Mic2200_5

とうわけで、以前秋月で買ってストックしたあったブロックコン KMH 4,700μF(ニチケミ)に登場願うことに。 あ、このブロックコン、1個100円で買ったものです。
ブロックコンは流石にオリジナル基板には載らないので、別の基板に組んで載せることにしました。   
因みに、大容量ケミコンはESRが大きいので、積層セラミック(104)をパラに付けて全体のESRを下げています(パスコンの効果にも期待していますが)。  写真ではKMHの陰に隠れて見えません。   平滑コン増強後は、リップルも殆ど無くFBです。
 
■整流用ダイオードの交換
 もともとはシリコンダイオード、1N4007が付いていました。 これをショットキーバリアダイオード 11EQS10に交換。 最大定格1Aのもので、繰り返しピーク逆電圧が100Vのものです。
ショットキーは、この逆耐圧の大きいものがあまり無いので選定に困りますが、千石で上記のものが10個入り360円で売っていたので、迷わずそれをゲット。
一般論として、シリコンダイオードからショットキーバリアダイオードに交換すると、音質が向上します。 ショットキーバリアは殆ど電荷を内部に溜め込まない特性を持っているため、吐き出しもほとんどなく、余計なノイズ(所謂、整流ノイズ)を電源回路にまき散らしません。 結果的にS/Nが向上し、レンジ感が広がるなどオーディオマニアには好んで使われています。 
 
本来ならば整流回路には『てっちゃん電源』(出川式第二世代電源)を使いたいところですが、今回は『予算5,000円で出来る美音化』ということを目標として掲げているので、整流素子はショットキーバリアダイオードとしました。
(考えてみれば てっちゃん電源の中にもショットキーバリアダイオードが使われているんだから、ま、いいか)
 
以上で第一次改造は終了です。 かかった費用は2,290円也。
先ずはこの段階で音の変化を評価してみたいんですが、何せ評価しようにも声をまともに出せない状態なので、当面はエージングに徹することにします(一枚目の写真は、エージング中のMIC2200です)。
 

|

« CQ誌2010年7月号 | トップページ | 大魔王、鼻の手術を受ける(其の参) ~術後の経過~ »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/48677692

この記事へのトラックバック一覧です: MIC2200美音化プロジェクト(其の参):

« CQ誌2010年7月号 | トップページ | 大魔王、鼻の手術を受ける(其の参) ~術後の経過~ »