« 週末のオモチャ | トップページ | DMS-05Dゴージャスバージョン改め『レッドバージョン』 »

2010年6月 5日 (土)

カップリングコンデンサ聞き比べ

Caps2_2

『DMS-05Dデラックスバージョン』で推薦するカップリングコンデンサを選ぶため、朝からヘッドフォンをかぶっていました。
今回、用意したのは次の11種類。 大半がフィルム系で容量は2~10μFのものです。 
 
①Muse (BP) 4.7μ 25V ¥20
②WIMA (MKS-2) 3.3μ 63V  ¥210
③メタライズドフィルムコンデンサ 3.3μ ¥315
④ERO MKT1822 2.2μ 63V ¥105
⑤メーカー不明(ポリエステルフィルムコン) 21225  2.2μ 100V ¥200くらいだったかな
⑥BENNIC 4.7μ 250V ¥410
⑦SOLEN 3.3μ 630V  ¥590
⑧MUNDORF (Mcap)CMP-6 3.9μ 630V ¥950
⑨Infini Cap 2μ 425V \4,500くらい
⑩Musicap 2.7μ 100V   \4,200くらい
⑪Dynamicap 10μ 310V \8,100
 
価格は¥20~¥8,400。 実に420倍価格差があります。
 
試聴には、モノラル音源の高音質Jazz CD(リマスター版)を準備。 楽器だけの部分とボーカルの部分、双方で聞き比べをしました。
尚、⑪を除き全てブランニュー品です。つまり、今回は未エージング状態での評価となります。
 
供試用コンデンサ11本のリードは写真のように全てDMS-05DのOpアンプ出力に予めハンダ付けしておいたので、反対側のリードにあたれば即座に、音を取り出すことができます。
(具体的には、ミノ虫クリップでリードを挟み、コンデンサをパッ、パッと切り替えるやり方です。 原始的ですねHi)

途中経過を省き、以下に結果のみ書きます。 ”賞”形式にしました。
 
■コストパフォーマンス賞 : ①Muse (BP) (緑色の奴)
  ¥20でこの音は大したものです。 一言でいうと、音楽的な鳴り方をしてくれます。 空間表現力があって、心地よい余韻が特徴です。 そして音が綺麗。
  この値段でこの音。 よっぽどの臍曲がりじゃない限り、妥協できるクオリティだと思います。 
 
■新発見!これはいいで賞: ③メタライズドフィルムコンデンサ 3.3μF (水色の奴)
   これ、マルツの2Fで売っているものです。 試しに買ってきたんですが大正解。 音質は、上記Muse(BP)より上です。
 その音を一言でいうと、『明るい』。 それに音の分離が良いです。 低域もしっかり出るし¥315でこの値段は納得。
    (②のWIMAは、ちょっと暴れる感じがしますが、それを優等生にした感じの音です) 低価格帯では、この『水色の憎い奴』がイチオシです。
 
 ついでに書くと、④のERO MKT1822も優れた音です。 ¥100前後という価格を考えると十分合格レベルです。流石、ERO。
 
■女性ボーカルには最高で賞: ⑧Mundorf Mcap 3.9μF (白い奴)
  シンバルやドラムを聞いているときは、それほど大したことない(値段相応)と思ったんですが、女性ボーカルになるや豹変。 迫力のある音に。
 さては、女性の声に反応する成分が入っているのか??と思えるくらい、良い感じで鳴ってくれます。 Mcap、ちょっと高いですが流石の鳴りっぷりです。  
 
■値段が高いんだからこれくらいの音はするで賞 :⑩⑪
 はい。文句の付けようがありません。 銀座の有名寿司屋に行って寿司を食べるようなもので、高くて美味いのは当たり前。
 
あと、⑨のInfinicapというコンデンサ。 これ、Dynamicapの”前任品種”ということもあってDynamicapと形状がよく似ています(色は違いますが)。
コイズミ無線で処分セールをやっていたときに格安で入手したものですが、期待した音は出てきませんでした。 
ず~っと売れ残っていたものだと思うので、目覚めるにはエージングが必要かと思います。
 
とうわけで、今日は2時間ぶっ通しでコンデンサの試聴をしましたが、Museの素性の良さ、コストパフォーマンスの良さを再確認できたことと、
マルツ2Fにあるメーカー不明の謎のメタライズドフィルムコンデンサに出会えたのは収穫でした。
この水色イケます。
 
あ~耳つかれたあ~。wobbly

|

« 週末のオモチャ | トップページ | DMS-05Dゴージャスバージョン改め『レッドバージョン』 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

早坂さん
お疲れさまでした。集中して2時間。グッタリではないかと思います。
しかしドイツのムンドルフ君には笑いました。そんなに女好きなら女性ボーカル専用アンプでも考えようかなぁ。

緑のMUSEは本当にC/Pが高いと思います。MUSE以外となると今回ようにある程度数を揃えて聞き比べする必要があるので、今回の水色の憎い奴を見付けるまで、結構な投資が必要なんですよねぇ・・・。

10/11は別格ですね。お値段も。ちなみに11の直径ってどのくらいですか?1Uの40mmシャーシに収まるかな?(意味不明・爆笑)

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年6月 6日 (日) 17時35分

今まで何度か聞き比べはしていますが、10種類以上のコンデンサを一挙に試聴したのは今回が初めてでした。 結果として格安FBコンデンサが見つけられて良かったです。

>ちなみに11の直径ってどのくらいですか?1Uの40mmシャーシに収まるかな?
実寸で35φ(!)です。 単一乾電池よりも少し太いサイズです。
何とか1Uには収まりそうですが、基板の上に載せたらキツキツです。

究極を求めるなら、Vcapとか⑪の赤い悪魔なんですけど3kHzの帯域で音の差が出るかというとちょっと....
ま、自己満足の世界ですね。coldsweats01

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年6月 6日 (日) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/48550138

この記事へのトラックバック一覧です: カップリングコンデンサ聞き比べ:

« 週末のオモチャ | トップページ | DMS-05Dゴージャスバージョン改め『レッドバージョン』 »