« 物欲の果てに....BK-5B | トップページ | 大魔王、プリンタを新調す : EPSON EP-802A »

2010年9月 7日 (火)

ビアライゼ'98(新橋)

D0044093_0131289

『ここのビールを飲むと、これまでのビール観が180度変わる』とまで言われた伝説のビアホール『灘コロンビア』。
 
そこの店主であり、ビール注ぎの達人と称された故・新井徳司氏の唯一にして最後の愛弟子ある松尾光平さんが平成5(1998)年に独立して開店したお店が新橋にあります。 その名も『ビアライゼ98』。 因みにビアとはドイツ語でビールを意味し、ライゼとは旅行のことなのでさしあたり『ビールの旅'98』という邦訳になるのかな??
 
そのビアライゼ'98に先日、部下を連れて行ってきました。 お店は、JR新橋駅から徒歩で5分程度の所にあります。左は入り口の様子ですが中はビアホールのようになっています。 店内に入り、カウンターに視線を移すと松尾さんがせっせとグラスにビール注いでいます。
 
席に着くなり早速、ビールを注文。 先ずはアサヒの本生から。 程なくしてビールが運ばれてきました。
部下の視線はビールに刺さっています。果たして噂は本当なのか、注ぎ方でそんなに味が変わるものなのか。
『ま、飲まなきゃ分からんからね、さ、飲もう』 という掛け声でビールを口に運ぶ。
 
ゴク、ゴク、ゴク
『!!!』
....
 
『あ、苦みがない』
『何? これ』
 
部下の第一声です。味の違いは歴然でした。 ビールと言えば苦みですが、それが引っ込んで香りとか、甘みが前面に出てくるのでビールを飲むと言うよりは、『ビールを食べている』という感触になるんです。 ここのビールは。 
 
因みに、このお店では灘コロンビアから受け継いだ旧式のビールディスペンサーが使われています。 昔ながらの最高の装置と、最高の技術から生まれるビールの味は、飲んでみないと分かりません。 
 
あ、このお店について、紹介している記事があるので興味のある方はここをどうぞ。
 
ビアライゼ'98は、夕方4時頃からやっています。 7時過ぎに入店すると混雑しているので早めに行くか、予約を入れてから行くことをお勧めします。 ここのビールを飲むと幸せになりますよ~。happy01

|

« 物欲の果てに....BK-5B | トップページ | 大魔王、プリンタを新調す : EPSON EP-802A »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/49376747

この記事へのトラックバック一覧です: ビアライゼ'98(新橋):

« 物欲の果てに....BK-5B | トップページ | 大魔王、プリンタを新調す : EPSON EP-802A »