« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月に作成された記事

2010年9月30日 (木)

あっ、ワインが....

Key_board_wine

あっという間にキーボードが真っ赤になってしまいました。 少々酔っぱらっていたので手元が狂ってグラスを倒してしまったんです。
慌ててティッシュでキーボードを拭き、その晩は程なく就寝したのでした。
翌朝、Blogの記事を書くためエディタを開き文章を書き始める。
?..?...
ん? 文字が確定できない。 
おかしい。 
仕方なくPCを再起動し、ふたたび文字を入力し始める。
するとまた漢字の確定ができない。 Enterキーが効かなくなっているので行送りもできない。

なんじゃこりゃ?
キーを一つづつ押して確認すると、何と『@』と『;』のキー入力も出来なくなっている。
何でだろう。このキーボード、まだ一年ちょっとしか使っていないのに....

続きを読む "あっ、ワインが.... "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

ペプシノゲン検査

Imagejpgst

胃の調子が良くないので病院に行って来ました。 なんだか胃がもたれるんです最近。

最悪、胃カメラを飲むことになるかも知れないので、胃カメラではない『鼻から内視鏡』をやってくれる病院をネットで探しました。
胃カメラは10数年前に1度飲んだことがありますが、あの『おえっ!』はもうこりごりです。

すると、運の良いことに会社から徒歩で行けるところに内科があったので、即、行く事にしました。
診察室に通され、問診を受ける。 最後に、鼻から内視鏡の日取りを決めるのかな....などと考えていたら『採血』をしますと言われました。

なんでも今は、血を調べることで胃の様子が分かるらしいのです。 ペプシノゲン検査というもので、その成分の量により胃の粘膜の様子がわかり、更にはピロリ菌抗体検査も併せて行なうことで、胃癌との関連が明らかになっているピロリ菌の有無も分かるのだとか。 は~、医学は進んでいるんだあ。

先生曰く、

続きを読む "ペプシノゲン検査"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

Behringer SRC2496のクロック換装

Src2429_4

気分が盛り上がらず、ず~っと放っておいたSRC2496のクロック換装をしました。
夏前に必要な部品を全て揃えてシャーシの穴あけまで済ませていたんですが、猛暑のせいですっかりやる気が萎えていたのです。
 
何れにしてもようやく気分が『電子工作モード』になったので一気に仕上げました。 DEQ2496に続くクロック換装第二弾です。
 
SRC2496には色々な機能がありますが、個人的には
①サンプリングレート変換と
②D/A, A/D 変換
を目的に使っています。 今回はその音質向上を狙っての改造ですが、オリジナルのXTALを三田電波の高精度水晶発振器に交換します。
 

続きを読む "Behringer SRC2496のクロック換装"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

DMS-05D for Ribbon Microphone

Dms05d_ribbon_0_2

これまで使ってきたDMS-05Dは、コンデンサマイク用にゲインを固定してしまったので、ダイナミックマイクやリボンマイクにはゲインが小さすぎて使えません。
勿論、ゲイン可変にすれば使えるわけですが、一度、VISHAY(黒い悪魔)の音を聞いてしまうともう、元には戻せません。
コンデンサマイク用は、音質重視のコンセプトにしたかったので汎用性が無くなるのを承知でゲイン固定としたのでした。
 
というわけで、今回、リボンマイク用のDMS-05Dを作る事にしました。 
はて、何台目だろう? 5台目くらいかしらん??
 
部品はこつこつ集めていたので全部揃っています。 ケースには、ラジオデパートのエスエス無線で入手した赤い奴(在庫処分品)を使うことにしました。
赤が好きなんですよ~。
 
穴あけは、先日の記事で紹介したステップドリルを使用。 今回は、スイスイと出来ました。 あ、現用機との部品の違いは、
 

続きを読む "DMS-05D for Ribbon Microphone"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

大魔王、遂にステップドリルを買う

Step_drill_0

キャノンコネクタ用の穴(φ22前後)をケースに開ける度に、『あ~ちゃんとした工具を次は買わなくっちゃ』と何度も思っていたんです。
 
経験者ならお分かりのとおり、リーマを使いφ20mm以上の穴を開けようとすると、穴の外周が凸凹になっちゃうんですね。
(昔、小学生の頃、先生が時たまくれた『たいへんよくできました』のスタンプの外周の様な凸凹というか......あ、例えが悪いかな?)
 
仕方ないのでこれまでは、その凸凹をヤスリでならして仕上げていたんです。 でも、その手間が結構大変で、毎回、『次こそは....』と思いつつ、数年が経っていたのでありました。
 
そんな中、今回、リボンマイク用のDMS-05Dを作る事にしたのを機に、思い切ってアマゾンから購入しました。 色々な種類のものがありましたが買ったのは、これです(左の写真)。 その名も、ダンダンドリル。 段々ドリル(?) 、超~ベタな名前です。
 

続きを読む "大魔王、遂にステップドリルを買う"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

ふざけるな中国

Images3_2

正しくこれが一党独裁国家の姿。
日本の領海内で無法をはたらいたのは中国船でしょ?
 
本来、怒るのは日本であって、責められるは中国の筈。
それがなんで罪を犯した側が逆ギレして、ガンガン言ってくるのよ。
 
閣僚級の交流を中止するわ、日中間の航路拡大の交渉は打ち切るわ、
SMAPの中国公演のチケット販売を中止するわ、イベントで日本だけ除外するわ、
仕舞いには『全ての責任は日本にある』だって。
まるで北朝鮮と同じ言動。 あ、違った北朝鮮が中国に似ているんだった。
 

続きを読む "ふざけるな中国"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

RCA 77D ちょっとだけレストア

77d_1

猛暑は去ったものの、細かな電子工作をするまでには気分が盛り上がっていないため、ウオーミングアップを兼ねて(?)今日は、77Dのレストアをしました。
 
77Dは、言わずと知れたRCAが開発した歴史的リボンマイクです。 あまりの音の良さに当時のNHKの音響担当が腰を抜かした...などという逸話のあるマイクです。 1945年から10年ほど作られたあと、後継の77DXがリリースされたので、一番新しいものでも製造後65年経過していることになります。
 
当然ながら外観、性能ともに当時のレベルを保っているのは少なく、所有者の保管能力、努力により大きな差が付いてしまっているのが現状です。
大魔王所有の77Dは、所謂『コレクター』が、長年、大事に保管していた物を譲って頂いた物なのでミントコンディションに近いものです。
ただ、経年により流石にアルミ部やネジに腐食が発生しています。 
特に本体に取り付けられているネジの錆がちょっと気になっていたので、レストアしてみることにしました。 レストアといってもネジの錆を落とすだけですけど....。
 

続きを読む "RCA 77D ちょっとだけレストア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

音創り研究会 in いわき湯本

5_2

昨日今日と、いわき湯本温泉で『音創り研究会』のメンバーと1泊旅行してきました。
ハムフェア2010の打ち上げです。
 
宿泊先は、古滝屋(ふるたきや)。 創業元禄八年。な、な、何と今年創業315年を迎える老舗中の老舗です。
いわき湯本は、硫黄成分が多いのが特徴。 個人的には、硫黄成分の多い温泉は大好きなんです。
あの臭いを嗅ぐと、『あ~温泉だあ~』って感じがするんです。
で、古滝屋は源泉掛け流しです。湯量も豊富。 うふっheart01 温泉はこうでなくっちゃ。
 

続きを読む "音創り研究会 in いわき湯本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

あ、猛虎浪だ!

1136_2

なんで猛虎浪がTX(つくばエクスプレス)にいるんだ?
 
今日の帰宅途中のことです。 TXのホームに普段、見慣れない力士の姿がチラホラありました。
あ、そうか。 今、場所中だからなあ。 ホームに相撲取りがいてもおかしくないか。
 
そう思いながら自分がいつも乗る車両に足を進めると、そこに浴衣姿の大男がいました。 顔を見ると『猛虎浪』ではないですか。
はい。相撲ファンの大魔王には直ぐ分かったのであります。名前から想像できると思いますがモンゴル出身の力士です。 でもなんで、猛虎浪がTXに??
それはそうと間近に見る幕内力士のでかいこと。 この記事を書くために彼の体型をネットで調べたら、身長187cm 体重150kgとありました。
浴衣にくるまれているとは言え正直、肉の塊です。 こんなサイズの人と喧嘩をしようという人はまずいないでしょう。
 
その巨体が、三人掛けシートに陣取っていました。 当然ながら、猛虎浪の横は一人分のスペースしか残っていない状態でした。 因みに、大魔王は通路を挟んだ真正面の席に座り猛虎浪を観察。
 

続きを読む "あ、猛虎浪だ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

Bravo Audioの真空管式ヘッドフォンアンプ

Front_2

たまたまeBayを物色していたときに見つけたヘッドフォンアンプです。

6922を使ったA級アンプですが、コンパクトでクールな外観に見せられ衝動買いしてしまいました。毎度のことですがHi。coldsweats01
 
回路構成的にはOpアンプなどのICは使われていません。 余計な歪みの発生を嫌ってのことと書かれています。 結果として管式アンプにもかかわらずTHD 0.016%を達成しています。 S/Nも90dB以上とれているのでこれも上々の数値です。 出力段には、IRF630が使われているようです(回路図が無いので部品で判断)。 ここでインピーダンス変換が行われていると思われます。 
 
主要なスペックは下記の通りです。

続きを読む "Bravo Audioの真空管式ヘッドフォンアンプ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

ブルース・リーのヌンチャク卓球

Images

まあ、このYouTubeの映像でも見て楽しんで下さい。
ほんと、良くできてますから。

続きを読む "ブルース・リーのヌンチャク卓球 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

鉄仮面ALTEC 639B

639b_4_2

『早坂さん、もの凄く程度の良い鉄仮面があるんですけど、良かったら買います?』と知り合いの業者から連絡が入る。
 
ん、鉄仮面??
知る人ぞ知るALTEC(Western Electric)の639Bのことです。その外観から『鉄仮面』と呼ばれています。
 
今でも市場に出回っていますが、何せ半世紀以上前に製造された鉄製のマイクなので程度の良いものは殆どありません。ボロボロ、錆だらけのものが大半です。 
 
『そんなに程度が良いのであれば送って下さい。 評価して良かったら買います』と回答。
で届いたのが、写真のものです。
....正直、これほど程度の良いものは見たことがありません。 奇跡的な状態です。 英語言うところの、MINT CONDITIONです。よくもまあ、こんなものが今まで残っていたものです。
 

続きを読む "鉄仮面ALTEC 639B "

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

真空管ラジオ Before - After

Dsc008491_3

久し振りに真空管ラジオを買いました。
真空管ラジオは既に10数台持っているので、ここ数年は新たに買うことはなかったんですが、『改造+レストア品』だったので思わず買いました。
写真は、改造前のもので東芝のUM-650というラジオです。 昭和30年代に発売されたものと推測されます。 
5球スーパーで、真空管には6BE6, 6BA6, 6AV6, 6AQ5, 6X4, 6E5(マジックアイ)が使われています。 
 
ケースは木彫りです。高度経済成長真っ盛りになると、真空管ラジオのケースは殆どがプラスチックになって行きましたから、このラジオはその前に発売されたのでしょう。 やはり、木製の方が質感がありFBです。
 
さて、このラジオがどういう風に変身したかというと、こうなりました。 ↓
 

続きを読む "真空管ラジオ Before - After"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

売ります: マイクプリアンプ VoiceMasterPro (訳あり品)

Vmp_1

VMPを売ります。 JA1BBP HP上にあるマイクの音は殆どこのマイクプリで収録したものです。シャック内整理の為、処分することにしました。 電源コード、日本語マニュアル付きです。
 

続きを読む "売ります: マイクプリアンプ VoiceMasterPro (訳あり品)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

大魔王、プリンタを新調す : EPSON EP-802A

Ep802a

かれこれ7, 8年使ったプリンタPM-950C(EPSON)の老いが顕著になってきたので、新しいプリンタに買い換えました。
PM-950Cは当時としては最高級のプリンタで、写真のプリントも綺麗に出来たんですが、ここ数年は色むら、色ズレが多くなってきたので寿命と考え、見切りをつけました。 
 
で、今回新調したプリンタは、同じEPSONのEP-802Aです。 これ、単なるプリンタではなく、コピーもとれますし、画像のスキャンも出来る優れものです。インクも6色(PM-950は7色)なので、経済的。 以前から狙っていたプリンタなんですが先日たまたまアマゾンを覗いたら何と17,000円台だったので、即購入したのでありました。
 

続きを読む "大魔王、プリンタを新調す : EPSON EP-802A"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

ビアライゼ'98(新橋)

D0044093_0131289

『ここのビールを飲むと、これまでのビール観が180度変わる』とまで言われた伝説のビアホール『灘コロンビア』。
 
そこの店主であり、ビール注ぎの達人と称された故・新井徳司氏の唯一にして最後の愛弟子ある松尾光平さんが平成5(1998)年に独立して開店したお店が新橋にあります。 その名も『ビアライゼ98』。 因みにビアとはドイツ語でビールを意味し、ライゼとは旅行のことなのでさしあたり『ビールの旅'98』という邦訳になるのかな??
 
そのビアライゼ'98に先日、部下を連れて行ってきました。 お店は、JR新橋駅から徒歩で5分程度の所にあります。左は入り口の様子ですが中はビアホールのようになっています。 店内に入り、カウンターに視線を移すと松尾さんがせっせとグラスにビール注いでいます。
 

続きを読む "ビアライゼ'98(新橋)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

物欲の果てに....BK-5B

Bk5bs_1

RCAのBK-5Bは、数あるリボンマイクの中で最もSSBに向いているマイクだと思っています。
リボン特有の角のとれたナチュラルな質感は勿論のこと、高域の伸びが良いので、イコライザの助けを借りなくても切れの良いSSB音を実現できます。 1kHz~3kHzにかけてゲインが高くなっているf特がその秘密です。 そのため、送信帯域2.4kHz(フィルタ)時代から、BK-5Bの愛好者はアマチュアに多くいます。
 
左の写真は、現在、大魔王が所有しているBK-5Bです。 実は、他にもまだ2本ありましたが手放してしまったので、今あるのがこの3本です。
記念撮影の為に並べてみました。
 

続きを読む "物欲の果てに....BK-5B"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

Shack as of Sep.4.2010

Shack_as_of_20100904_2_2

今日は半日掛けてラックのレイアウト変更をしていました。   

年に何回もやっていることなので別に珍しくもないんですが、今回の変更では、ディスプレイを正面に持って来ました。  

フルハイビジョン対応のワイドスクリーンディスプレイを新調しました。 
ラックの縦横寸法を調べて、丁度上手く収まるサイズのものを探して最終的には、iiyamaのProLite E2208HDSにしました。
楽天ポイントがたまっていたので実質1万円で買えました。 うふっheart01
 

続きを読む "Shack as of Sep.4.2010"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

韓流ドラマ

8395_2

最近、家内がすっかりはまっています。
正直、韓流ドラマに はまるおばちゃんを今まで馬鹿にしていたんですが、まさか家内もそうなるとは.....
 
家内によると、韓流ドラマは『単純』なので理解しやすいのだとか。 
ふう~ん。 頭を使わないで見られるというのも魅力か。
 
近くに格安レンタル店GEOが出来たこともあり、毎週大量にDVDを借りてきて朝から晩まで見ています。 整形美女、整形美男子ばかりのドラマを見てそんなに面白いのかなあ。
 

続きを読む "韓流ドラマ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

DMS-05D 5号機用ケース

Tc120r

ようやく気に入ったケースが見つかりました。
これです。
赤のケースって珍しいでしょ?
 
売っていたんです。ラジオデパート2Fのエスエス無線で。 IDEALのTC-120Rです。
在庫処分品だったので、本来の値段の約半分でゲット出来ました。 うふっheart01
この色を進んで買う人はいないと思うんでラッキーでした。 赤、好きなんです。
あ、正面パネルが青いのは、フィルムが貼られているからです。 剥がすと普通のアルミが露出します。

続きを読む "DMS-05D 5号機用ケース"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

オーディオテクニカのリボンマイク AT4080

At_at4080_3

何気なしにオーディオテクニカのサイトを覗いていたらAT4080なるマイクを発見。

以前、AT-4060(コンデンサマイク)を持っていたので、その上位機種かと思いきや、なな、なんとリボンマイクでした。
今の時代、思い切ったことをやってくれました。

ここ数年、中国製の安価なリボンマイクが大分出回っていますが、久々に国産メーカーによるリボンマイクの登場です。
このマイクを、今この時期にリリースした意義とか、背景を是非、オーディオテクニカのエンジニアに聞きたいものです。

続きを読む "オーディオテクニカのリボンマイク AT4080"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »