« ふざけるな中国 | トップページ | DMS-05D for Ribbon Microphone »

2010年9月23日 (木)

大魔王、遂にステップドリルを買う

Step_drill_0

キャノンコネクタ用の穴(φ22前後)をケースに開ける度に、『あ~ちゃんとした工具を次は買わなくっちゃ』と何度も思っていたんです。
 
経験者ならお分かりのとおり、リーマを使いφ20mm以上の穴を開けようとすると、穴の外周が凸凹になっちゃうんですね。
(昔、小学生の頃、先生が時たまくれた『たいへんよくできました』のスタンプの外周の様な凸凹というか......あ、例えが悪いかな?)
 
仕方ないのでこれまでは、その凸凹をヤスリでならして仕上げていたんです。 でも、その手間が結構大変で、毎回、『次こそは....』と思いつつ、数年が経っていたのでありました。
 
そんな中、今回、リボンマイク用のDMS-05Dを作る事にしたのを機に、思い切ってアマゾンから購入しました。 色々な種類のものがありましたが買ったのは、これです(左の写真)。 その名も、ダンダンドリル。 段々ドリル(?) 、超~ベタな名前です。
 
一応、4mm~26mm迄の穴(12種類)に対応しています。 表面がチタンコーティングされているので切れ味も良さそう。 気になる値段も、2,640円とお手頃。 これなら、仮に品質が悪くても立ち直れる価格かと思い、『クリック』したのでした。
 
で、品物は注文した翌日に到着。 早速今日、キャノンコネクタ用の穴を開けてみました。結果は、これ。

Step_drill_1_3

じゃ~ん。 バリの無い綺麗な穴があけられました。 ホント、これなら穴あけも楽しくなります。 以前、VESSELのワイヤーストリッパーを買ったときに感じた嬉しさと同じです。 仕上げの見事さに作業が楽しくなるんですね。 分かりますね?この気持ち。
と言うわけで、この4連休はこの新しいツールの導入で幕を開けたのでありました。

|

« ふざけるな中国 | トップページ | DMS-05D for Ribbon Microphone »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

 うちにもステップドリルあります。これは本当に作業効率が上がりますね。
 段を超えた瞬間に強い力がかかるので、手で持ってやっていたら大怪我しそうになりました。しっかり固定するのは常識とは言え、絶対やらないといけませんね。

投稿: JO1KVS | 2010年9月23日 (木) 23時54分

>段を超えた瞬間に強い力がかかるので、手で持ってやっていたら大怪我しそうになりました。

そうですね。片手でやるときは注意しないと駄目ですね。ちゃんと固定する必要があると感じました。

それとステップドリルを初めて使ってみて気づいたのですが、小さな穴からやっていくと今、何ミリの段なのか途中で分からなくなり、勢い余って大きな穴が『ズボッ』....というリスクがある思いました。 便利なものにもそれなりの注意が必要ですね。

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年9月24日 (金) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/49541086

この記事へのトラックバック一覧です: 大魔王、遂にステップドリルを買う:

« ふざけるな中国 | トップページ | DMS-05D for Ribbon Microphone »