« 音創り研究会 in いわき湯本 | トップページ | ふざけるな中国 »

2010年9月20日 (月)

RCA 77D ちょっとだけレストア

77d_1

猛暑は去ったものの、細かな電子工作をするまでには気分が盛り上がっていないため、ウオーミングアップを兼ねて(?)今日は、77Dのレストアをしました。
 
77Dは、言わずと知れたRCAが開発した歴史的リボンマイクです。 あまりの音の良さに当時のNHKの音響担当が腰を抜かした...などという逸話のあるマイクです。 1945年から10年ほど作られたあと、後継の77DXがリリースされたので、一番新しいものでも製造後65年経過していることになります。
 
当然ながら外観、性能ともに当時のレベルを保っているのは少なく、所有者の保管能力、努力により大きな差が付いてしまっているのが現状です。
大魔王所有の77Dは、所謂『コレクター』が、長年、大事に保管していた物を譲って頂いた物なのでミントコンディションに近いものです。
ただ、経年により流石にアルミ部やネジに腐食が発生しています。 
特に本体に取り付けられているネジの錆がちょっと気になっていたので、レストアしてみることにしました。 レストアといってもネジの錆を落とすだけですけど....。
 
下の写真が、Beforeです。

77d_b4

赤錆なのでちょっと目立つ状態でした。 このネジを取り外し、サンドペーパーで念入りにゴシゴシした結果が次の写真です。

77d_aft

地金(真鍮色)が見えてますが、ま、赤よりマシです。 錆止めを塗っておけば当面大丈夫かと。
これで大分、見栄えが変わりました。fuji
 
さて、これで今週末の連休は、電子工作する気持ちになるかしらん?

|

« 音創り研究会 in いわき湯本 | トップページ | ふざけるな中国 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/49504013

この記事へのトラックバック一覧です: RCA 77D ちょっとだけレストア:

« 音創り研究会 in いわき湯本 | トップページ | ふざけるな中国 »