« Vishay VAR-Series "naked" Z201 Z-FOIL RESISTOR for DMS-05D | トップページ | HAYAアンプ (其の壱) »

2010年10月10日 (日)

第16回真空管オーディオ・フェア

Fear

今日、ローカル局と一緒に行ってきました。 ここ
文字通り真空管式オーディオに特化したフェアです。 これまで何度か行こうと思っていたんですが、出張と重なったりして行けませんでした。 
という訳で、今回が初参加です。 
 
10:00前に到着しましたが、既に会場はおじさんパワーで熱気むんむん。
中心となる世代は50~70代といった感じで、ハムフェアと共通していました。 ここにも高齢化の波が。
 
特に何かを目当てに行ったわけではないんですが、気がついたら二枚目の写真の様なものが買い物袋の中に.....(あ、万引きはしていませんよ)
MT管、RCAターミナル、CDなどなど。
 
ま、これもラジオ少年のサガですね。
 
会場は、部品の販売の他、メーカー毎に試聴ルームがあったり、高音質CDの紹介コーナーがあったりと色々と楽しめました。
 

Tube_fair

ところでメーカーブースには、三栄電波の若奥さんが来ており、いつも通り相手の目をしっかり見ながらの親切丁寧な対応をしていました。 実は大魔王、彼女のファンなんです。  ほんと、客商売にはもってこいの応対です。 うう、大魔王、結婚を早まったか.... (あ、家内には内緒)coldsweats01
 
さて、今日は久し振りにたくさん真空管の音を満喫できましたが、つくづく、
真空管=漆の音
ソリッドステート=セラミック(磁器)の音
 
という感じがします。 勿論これは感覚の話ですが、その音の傾向を何かに置き換えるとすると上記の様な表現になります。
 
オーディオファンは迫真感(リアリティ)を極めようとする人と、心地よさを極めようとする人に大別されます。 ただ、両者の間に優劣があるわけでもなく、最終的にはリスナーの好みに集約されるのだと思います。
大魔王は、どちらかというとリアリティを求める路線なので、その意味では真空管はストライクゾーンではないんですが、今日改めて、真空管の良さを感じたのでありました。happy01

Audio_fair_2

明日もやっていますので、興味のある方は是非足を運んでみてください。

|

« Vishay VAR-Series "naked" Z201 Z-FOIL RESISTOR for DMS-05D | トップページ | HAYAアンプ (其の壱) »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/49705103

この記事へのトラックバック一覧です: 第16回真空管オーディオ・フェア:

« Vishay VAR-Series "naked" Z201 Z-FOIL RESISTOR for DMS-05D | トップページ | HAYAアンプ (其の壱) »