« HAYAアンプ (其の壱) | トップページ | 産業技術研究所 オープンラボ »

2010年10月12日 (火)

大魔王、『鼻から内視鏡』を体験す

15_ph5

胃の調子は、ほぼ以前の状態に戻ったんですが、喉のつかえが気になるので思い切って『鼻から内視鏡』を受けてみました。
桑田佳祐など芸能人が最近立て続けに食道癌やっていますからね。 臆病者の大魔王、念のため受けることにしました。
食事制限は通常のバリウム検査と同じ。 前の晩の9時まで済ませ、朝食を抜いて病院に行きました。   

案内され、ベットの上に仰向けに寝る。 すると先生が、『通りの良い鼻はどっち?』。  あ、そうか。 鼻の穴からファイバーを入れるんだもんね、これ。  左右の鼻の穴を指で交互に塞ぎ通りを確認。 『あ、左でお願いします』
今度は、スプレー状になった薬剤が左の鼻に散布される。 臭いはあまりしない。 鼻の出血防止剤とのこと。
次に針のない注射器で鼻の中に薬剤を入れられる。 うっ、これはちょっと変な臭い。 麻酔薬なのだとか。 飲み込むなと言われたので、グッとこらえる。
その後、薬が効くまで数分間、寝たままで待つ。 
 

4b2850f3a163d

暫くして挿管確認用の筒が左の鼻の穴に入れられた。
ずぼっ。 
『ふむ。 この筒が入ると言うことは内視鏡も入る』と、先生。
『じゃあ、左側を下にして横になって』と指示される。 いよいよ、内視鏡診断のスタートだ。 ファイバーを間近に見る。
太さは、『うどん』くらい。 ネットで調べたら、直径約5mmとのこと。
 
20年くらい前に胃カメラを飲んだときは、親指の太さくらいあったので、技術の進歩は素晴らしい。
で、遂にうどんが鼻に入れられた。 いよいよ『ミクロの決死隊』のスタート。 (ちと、古いか)
難なく鼻腔を抜け、食道の入り口に進む。 すると、先生、『あ、これ声帯ね』。
う、自分のものとはいえ、普段見慣れていない体の内部を見るのは気持ち悪い。
カメラは進むよどこまでも。 でも、吐き気は全くなし。 流石、鼻からうどん。 もとい、鼻から内視鏡。
カメラは食道をどんどん進む。 食道は麻酔が効いていないので、ちょっと痛みがする。 でも、おえっ!よりも100倍楽。

暫く進んだ後、『これから胃に入るよ』と先生 。
出た~、いよいよホルモンの世界だ。 何も食べていないぺっちゃんこの胃にガスを入れ膨らませて胃壁の状態を見ている。 先生は手慣れた手つきでリモコンを操作し、画面に目をやっているが、『ん?これは...』なんて手を止められたらどうしよう。 ドキドキ。coldsweats02

Dscf0051

カメラの向きを変え、写真が次々に撮られる。 もう、そろそろ終わりかな、と思っていたら先生、『じゃあ、次、十二指腸ね』
えっ、もっと先に行くの~?
カメラは幽門を抜け、十二指腸へ。 そこは、完全にホルモンの世界。うわ~、ひだひだだらけ。
なんだか鱈の白子に似た形(色はピンクですけど)。 ここでもカメラの向きを変え、数枚写真撮影。
 
先生の手元に目をやると、もうファイバーの残りが少ない。 流石にもう先へは進めない筈。 ほどなくして、『じゃあ、戻るね』と、先生。
 
と言うわけで、あちらこちらを見ながら帰り道に。 (うは。道草だ)
胃に戻ったとき、何と胃の底部から上部を見上げる映像を見せられる。 うわあ~黒いファイバーが天井からつり下げられているように見えるではないか。
ファイバー先端が釣り針の先のように曲がるので、こんな映像が見られるんだ。 凄い。
 
その後、ファイバーは食道を抜け鼻から出る。 ミクロ決死隊の終了。 
吐き気無し、痛みも殆ど無しの約15分間でありました。 それにしても、検査中、先生と『会話』ができるのは凄い。
『せんせ、げっぷが出そうなんですけど出して良いですか』
『潰瘍の痕があると言うことは、やっぱり酒の飲み過ぎですかね?』などなど。
 
検査結果に大きな問題が無かったので今日はホッとしました。 費用も思いの外安く、5,000円弱でした。 胃カメラ時代の苦痛がトラウマになって検査を受けていない方、『鼻から内視鏡』はお勧めですよ。
 

070926utumi

あ、検査後、げっぷが『上』と『下』から大量に出たのには驚きました。 特に下の方は、病院から会社に向かう路上で、20発くらい出ました。 
ま、かなり胃に空気を送り込んでいましたからね、仕方ないんですけど。 バスや、電車で帰っていたら、抑えるのが大変だったと思います。
と言うわけで、20発のガスは、東京の秋空に消えたのでありました。

|

« HAYAアンプ (其の壱) | トップページ | 産業技術研究所 オープンラボ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

早坂OMの健康談義は無線談義と同じように面白いです。
私は団塊世代の卒サラですが、予定していた厚生年金がおおはばに減額されてしまい、おおげさにいえば国家による保険詐欺にあったような気分です。
こうなれば、楽しく、長生きをしてもとをとるぞという気分で健康には気を使っています。血圧、血糖値、など問題は多いのですが、早坂OMの鼻の手術のお話に勇気をもらい、長く悩んで鼻づまり改善の手術をうけるべく診察を受けています。
鼻づまりを直してがんがんSSBに出るぞ。

投稿: JA1SLR / 水越 | 2010年10月13日 (水) 20時22分

水越さん

>鼻づまり改善の手術をうけるべく診察を受けています。
鼻が良くなると生活の質が大幅に改善されます。 そろそろ手術が近いのではないかと拝察しております。
術後は是非、『2way 鼻通りQSO』をお願いします。happy01

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年10月17日 (日) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/49725211

この記事へのトラックバック一覧です: 大魔王、『鼻から内視鏡』を体験す :

« HAYAアンプ (其の壱) | トップページ | 産業技術研究所 オープンラボ »