« 最新鋭のトナカイ | トップページ | DMS-05D vs DMS-06D »

2010年11月20日 (土)

ドイツから帰国

Wz_1_3

先ほど自宅に戻りました。
今回は朝から晩までの打ち合わせが続いたため、Blogの更新を出来ないままの帰国となりました。
 
そんな訳で、唯一の楽しみはディナーでのビールでした。
4日間に飲んだビールの記念撮影をしてきました。
 
何れもWeizen(ヴァイツェン)ビールと呼ばれる小麦を原料としたビールです。

Wz_2_2


一般にビールは、大麦を原料として作られますが、南ドイツでは小麦を使ったビールが盛んに造られています。

Wz_3

ドイツ語で小麦のことをWeizenというので、それがそのままビールの総称になっています。

Wz_4

ドイツでは、人口5万人以上の規模の町には必ずと言って良いほど醸造所があるので、旅行に行った際には地ビールを飲むのが楽しみです。
 
因みに、帰りはエアバス社のA380に乗って来ました。 ボーイング747(ジャンボ)よりも大きい最新鋭の旅客機です。

800pxdaima_rjaa_2000612

キャビンが総2階建て構造になっているので座席数も多く、また全体的にゆったりしたスペースでした。 
機内に侵入してくるエンジン音も静かで、技術の進歩を感じました。
 
写真は、座席前にあるディスプレイです。 垂直尾翼などに取り付けられたカメラで写した映像をリアルタイムでモニタすることもできます。

A380

機内エンターテイメントのコンテンツ(映画、音楽、ゲーム、etc.)も豊富で、退屈しませんでした。
今年の夏に就航したばかりなので機体も綺麗で、非常に気分良く帰ってこられました。 やっぱり新しいのは何かと宜しいかと。 (え?何のこと??)

|

« 最新鋭のトナカイ | トップページ | DMS-05D vs DMS-06D »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 バイツェンですか、いいですね。私は、早坂さんのドイツ行きのとき、マニラのDU1ISTの臨検に行ってきました。正式2kW局。電源トランスが大きく見えましが、余裕が大事ですね。
 バイツェンといえば、数年前に仕事仲間のJA1VPOと移動中、落雷で飛行機が遅れてミュンヘンでの乗換えができず「喜んで」ミュンヘンに泊まりました。
 その日、ミュンヘンはビール祭りで、町の大きな広場でビールの出店がズラリ。そのとき飲んだ中で、さまざまなバイツェンがありましたが、どれもうまい!。忘れられません。
 早坂さんの写真を見て、仕事中ながら、思わずコメントしてしまいました。
                          de JR1CFP

投稿: JR1CFP | 2010年11月22日 (月) 18時58分

城市さん
オクトーバーフェストに行かれたんですね。 出来たてのフレッシュなビールと、熱々のソーセージの組み合わせは最高です。
ドイツに住んでいた頃は、毎年9月末になると夢遊病者のようにミュンヘンに行ったものです。
ところで、ドイツに行くと毎回『通じ』が良くなります。
ビール酵母のせいだと思いますが、ビールは健康にも良いとつくづく感じるのでありました。

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年11月23日 (火) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/50080836

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツから帰国:

« 最新鋭のトナカイ | トップページ | DMS-05D vs DMS-06D »