« HAYAアンプ(DMS-06D) 3号機 | トップページ | 総統閣下、Not in Logであります! »

2010年11月30日 (火)

神様 vs 仏様  ~OCXOの周波数較正~

Lissajous_curve_0

週末に以前から懸案だったOCXO(10MHz)の周波数較正を行いました。

基準発振器には、今年購入したリビジウム発振器を使用。業者によると1mHz程度にまで精度調整されているので、これを『神様』にして、MORION製Double oven ultra precision OCXO "M87A"を較正します。 
 
較正に先立ちルビジウム発振器、OCXOを共に丸一日通電しておきました。
オシロスコープをリサージュモードにして、先ずは較正前のズレ具合を確認。 すると.....
 
楕円がゆ~っくりと動いています。
ストップウオッチで計ったところ、約16秒で一回転していました。
 
と言うことは(位相ズレが無いとすると)周波数のズレは、1/16Hz = 62.5mHzということになります。
以前、手持ちの周波数カウンタを使い粗調整し、大体100mHz程度に調整出来たかなと思っていたので、結果的にかなり良い線いっていた訳です。
数字で表すと、10,000,000.0625Hzという精度ですからね。
 
さて、いよいよ多回転ボリュームを使いOCXOの周波数調整をすることに。
周波数を大きくずらすと、楕円形の太さや、回転のスピードが変わるので暫し遊びました。
 
....いつまでも遊んでいてもしょうがないので、回転が止まる位置を探ることに。

Lissajous_curve

すると、10分経ってもピクリともしない位置が得られました。
両発振器の出力レベルが違うので、真円にはなりませんが、この形で完全にフリーズしました。 全くの同相だと真円ではなく、右肩上がりの直線になるので、この形状から推察すると両発振器の位相差は90°程度あるようです。 ま、周波数がドンピシャになったのでこれで良しとします。
 
この中古で買ったOCXO、スペック上は±5x10-11乗の周波数安定度となっていますが、感覚的には10-10乗程度の実力は現在もありそうです。

うふっheart01 これで精神衛生上スッキリしました。happy01

|

« HAYAアンプ(DMS-06D) 3号機 | トップページ | 総統閣下、Not in Logであります! »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

オシロ入手されたようで・・・おめでとうございます。
あるとナシでは大違いではないかと・・・。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年11月30日 (火) 21時55分

オシロは今まで数台所有してきましたが、使用頻度が少なかったり、図体が大きいものばかりだったので2, 3年前に全て手放してしまいました。 それ以降は、会社からオシロをこっそり持ち出してはコソコソと使っていたのでした。 

そんな中、手ごろな『あれ』があったので買いました。
その話はまた追って....coldsweats01


投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年12月 1日 (水) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/50170178

この記事へのトラックバック一覧です: 神様 vs 仏様  ~OCXOの周波数較正~:

« HAYAアンプ(DMS-06D) 3号機 | トップページ | 総統閣下、Not in Logであります! »