« JA4PC 高原OM | トップページ | あるんだなあ~ »

2011年1月16日 (日)

大魔王、またヘッドフォンを買う: HP-RX900

Vic01

無線用のヘッドフォンとして長年愛用してきたMDR-XD400が昨日、ついに壊れてしまいました。
低域の音を再生すると時折、右側のダイアフラムがビリビリするので、気になって仕方ありません。
もう買ってから7年以上経つし、イヤーパッドのフィルムも剥がれてしまっているので、買い替えの時期と判断。
また同じXD400を買おうかとも思ったんですが、気分を変える意味で別製品を探すことにしました。
 
条件にしたのが下記。
①価格1万円以下。
②密閉型
③フィット感がいいこと
 
①に関しては無線用途としては当然かと。 何せ聞く周波数帯域が狭いですからあまりお金を掛けても意味がないかと。
②は、自分の送信音声をモニタするのが常となっている人間にとっては必須条件。オープン型だとハウリングを起こしますからね。
③は、言うまでもないでしょう。 長時間使っても耳が痛くならないフィット感は大切です。
 
で、早速、価格.comで調査することに。
いくつか候補はあったんですが、最終的にはVictorのHP-RX900にしました。 6,000円台で買えたので価格には大満足です。
 
今朝、そのヘッドフォンが届いたのでさっそく視聴してみました。 リファレンスがないと評価しようがないので、このたび引退させることになったMDR-XD400と聞き比べてみました。 エージングを全くしていない新品状態での比較ですがHP-RX900の長所と短所は次の通りです。
 
■長所
 (1)XD400よりも音が耳の近くで聞こえる。 モノラル音源を両耳で聞いたときに感じる『頭の中に占める音のエリア』が広くなって聞こえる。
    そのため、SSB, CW共に了解度がアップして聞こえる。
  (2)イヤーパッド部分は合成皮革なので耐久性はありそう。 XD400は、2~3年で表面の薄いフィルムが剥がれてきた。 尚、耳周辺への密着性はかなりあるので、『よし、聞くぞ!』という感じになる(笑)。 
   因みに『音漏れ』はとりあえず合格レベル。 コンデンサマイクを使い音声をモニタしながら送信しても(通常の音量だと)ハウリングがおきない。
 

■短所

  (1)イヤーパッドの密着具合は強め。 但し、(耳自体はイヤーパッドの内部に完全に納まるので)耳が痛くなるほどではない。
   肌で感じる密着度の割には外部からの音の遮音性はそれほど良くない。
 (2)ケーブル外皮がプラスチック製なので、曲げると形状が元に戻りにくい。(XD-400のケーブルは癖にならない素材だった)
 (3)ケーブルが長すぎる。 無線用途としては3.5mも要らない。→ ま、無線用途に作られているわけではないので仕方ないか。
 (4)少し重い。 XD-400は260gだったが、RX900は、350g。 妥協できる重さかと。 
 
現状、使い始めたばかりなので音楽鑑賞用としてはXD400の方が確実に勝っていますが、無線用途に限定すれば、未エージング状態であっても『了解度が上がる』このHP-RX900の方がFBです。
 
さて、エージングが進むと音がどう変わってゆくのかな?

|

« JA4PC 高原OM | トップページ | あるんだなあ~ »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/50600918

この記事へのトラックバック一覧です: 大魔王、またヘッドフォンを買う: HP-RX900:

« JA4PC 高原OM | トップページ | あるんだなあ~ »