« 自動車用真空管 | トップページ | CQ誌3月号 »

2011年2月22日 (火)

超三結アンプ 『球ちゃんVII』

St_amp_4_2

14GW8(PCL86)を使った真空管アンプキット『球ちゃんVII』がようやく完成しました。
オーディオ用途として開発された14GW8は、ヒーター電圧が14Vと中途半端なため、その音質の割には人気が無く、今でも安く手に入ります。
よく6BM8と比較されますが、6BM8は本来、TVの水平出力用管のドライバ。 オーディオ用途に作られた14GW8とは格が違う、というのが多くのオーディオファンの意見が一致するところです。
 
さて、その14GW8を超三結で聞くとどうなるのか。 以前から興味がありました。
ケースの穴開けなどが面倒なので『安いキット品は無いか』とサーチをかけていたところ、手頃なものがあったので先日入手したのでありました。
その名も『球ちゃんVII(セブン)』。 八ヶ岳クラブから購入しました(因みにこのクラブ、これまでに色々な真空管アンプのキットを出しています)。
 
下の写真は、回路の主要部分を平ラグに組んだ様子です。 左側がアンプ部で、右側が電源部です。 超三結アンプは、回路が非常にシンプルなので、たったこれだけで動作します。
St_amp_1

 

ケースに入れ組立てた様子が次の写真です。

St_amp_2

で、完成後の写真がこれ。

St_amp_3

St_amp_5

あ、アルミケースは汎用品を使っており、意匠上の都合で上下が逆さまになっています。 ま、格安キットだからしかたないか。
 
で、いよいよ火入れ、音出し。 まず、VI変換部の2SK30のソースにつながっているVRを可変し、14GW8の5極管部のカソード電圧を調整。 オリジナルの回路定数では上手くゆかなかったので、マニュアルに基づき数値を可変し、何とか管理電圧に追い込むことができました。 その他各部の電圧もチェックし、問題なかったのでいよいよ音出しをすることに。 (うふっheart01 結線に間違いはなかったみたい)
 
と、その前にリファレンスのため、日頃聞いているTU-873LEの音を記憶をする。6SN7 + WE 300B を使ったアンプです。 ふむふむ、この音、この音。 次にいよいよ球ちゃんVIIにつなぎ替える。 
おおっsign01 以下がその感想です。
 
①音の広がり、奥行きが素晴らしい
②艶っぽさがある
 
音の傾向は両者で異なりますが、価格的には4倍もするTU-873LEと甲乙付け難い鳴りっぷりです。 『超三結 球ちゃんVII』、恐るべし。 何せ球ちゃんは片チャンネル、14GW8 1本で鳴らしているんですからね。
 
自分の理解として、超三結アンプの持ち味は、
①5極管が3極管以下のrpで動作するので、ダンピングが良い。
②カップリングコンデンサが信号経路に一切使われていないので音が濁らない。自然で素直な音がする。
にあると思っています。
 
いや~、噂通り『超三結』はFBでした。 真空管の持ち味を全て引き出しているような鳴り方がします。 エージングが進むともっといい音になるかと思うと何だか嬉しくなってきます。

|

« 自動車用真空管 | トップページ | CQ誌3月号 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/50944123

この記事へのトラックバック一覧です: 超三結アンプ 『球ちゃんVII』:

« 自動車用真空管 | トップページ | CQ誌3月号 »