« 『パブロフの犬』になってしまったルビー | トップページ | 蓮舫! 防災服の襟を立てて着るな! »

2011年4月19日 (火)

おおたかどや山標準電波送信所

Clocks_2

福島県のおおたかどや山にある送信所(40kHz)が停波しているようです。
写真は我が家にある電波時計(3台)ですが、表示時刻が違っています。
 
一番大きいのがCITIZEN製。 右の中くらいのがSEIKO製。 左の丸いのがCASIO製。
先日、シャック内にあるSEIKOとCASIOの時計をたまたま見比べたとき、表示時刻に違いのあることに気づきました。
『あ、ずれてる』
 
もしやと思い、ネットで調べたところ予想通り、おおたかどや山の送信所が停波していることが分かりました。 
理由は、地震では無く『原発』で、送信所は20km圏内入っているようです。 詳しくはJJYのHPに書かれているのでこちらをどうぞ。

その後、寝室にあるCITIZEN製の電波時計を持ってきて確認したところ、それはCASIO製とピッタリ同期していました。
SEIKO製だけが他の2台とずれていました。
 
で、一体どっちが正しいのか『117』に電話をかけて確認たところ、CITIZENとCASIOが正しい時を刻んでいることが分かりました。
どうやらこの2つは九州の『はがね山標準電波送信所』からの信号(60kHz)を捕らえて時刻を校正しているようです。
 
これらの結果から、我が家にある電波時計の中ではSEIKO製が一番受信感度が低いことが判明。
 
因みに、そのSEIKO製は、停波からの1ヶ月間で約30秒進んでいるので、クオーツ時計としてはかなり精度が悪い発振子が使われているのが分かります。
電波時計は一日に何度も校正するチャンスがあるので、クオーツの発振精度は少々悪くても可、という設計思想で作っているのでしょう。
 
いずれにしても原発の影響がこんなところに及んでいるとは....驚きました。

|

« 『パブロフの犬』になってしまったルビー | トップページ | 蓮舫! 防災服の襟を立てて着るな! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/51432721

この記事へのトラックバック一覧です: おおたかどや山標準電波送信所:

« 『パブロフの犬』になってしまったルビー | トップページ | 蓮舫! 防災服の襟を立てて着るな! »