« 東京タワー | トップページ | 音創り研究会ミーティング in 秋葉原 »

2011年4月13日 (水)

石碑 『此処より下に家建てるな』

Ws000005

宮古市姉吉地区に残る石碑です。

 
既にいくつかの新聞で報道されているので、目にしている方も多いと思いますが、この石碑にはしみじみ考えさせられました。
 
明治、昭和の大津波で壊滅した村落の生き残りが残したメッセージが子孫を救いました。
 
詳しくはこの記事などを参照ください。
 
一説には、災害の記憶は30年で消えると言われています。 石碑は、30年以上の時を超え、津波の恐ろしさを改めて教えてくれたようです。 

パソコンの電子データは電気が無いと見ることが出来ません。 酸性紙も100年と保ちません。 でも石碑は風雪に耐え長期間、メッセージを伝えることができます。 一番原始的なものが、最後まで残るようです。 皮肉ですが真実かと。
 

|

« 東京タワー | トップページ | 音創り研究会ミーティング in 秋葉原 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/51381077

この記事へのトラックバック一覧です: 石碑 『此処より下に家建てるな』:

« 東京タワー | トップページ | 音創り研究会ミーティング in 秋葉原 »