« 音創り研究会ミーティング in 秋葉原 | トップページ | おおたかどや山標準電波送信所 »

2011年4月18日 (月)

『パブロフの犬』になってしまったルビー

Photo1

我が家の愛犬ルビーは、あの日以来、緊急地震速報のアラームに反応するようになってしまいました。
 
あの音を聞くと、震えだすと共に尻尾が垂れ下がり股の間に入ってしまうのです。
 
あのアラームが鳴った後に地震が来るという経験を何度か繰り返すうち、ルビーの頭の中では、アラーム=地震という等式が出来てしまったようです。
 
まさに『パブロフの犬』になってしまいました。
 
パブロフの犬は、ベルが鳴ると食事がもらえるという嬉しい等式だった訳ですが、うちのルビーの場合は、アラーム=地震、といういう恐怖の等式なので気の毒です。
 
実は、地震当日収録された緊急地震速報の動画をネットで見つけ、ルビーがいるところで(申し訳ないとは思いつつ、実験の意味で)流したら、それまで寝ていたルビーがむくっと立ち上がり、尻尾を下げたのでした。 あ、やっぱり。 相当のトラウマになっているようです。 ルビー、ごめん。
 
ネットでは携帯電話用の緊急地震速報のアラームを覚えたヨウムの動画があります。 ここ。 興味のある方はどうぞ。
 
因みにこのヨウム動画をルビーの前で再生したら、これにも反応し、尻尾が垂れ下がって股の間に入ってしまいました。 ルビー、ごめん! もうしないから。

|

« 音創り研究会ミーティング in 秋葉原 | トップページ | おおたかどや山標準電波送信所 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/51418873

この記事へのトラックバック一覧です: 『パブロフの犬』になってしまったルビー:

« 音創り研究会ミーティング in 秋葉原 | トップページ | おおたかどや山標準電波送信所 »