« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月に作成された記事

2011年5月31日 (火)

JARL

Jarl

ラックの中を整理していたら、通常総会の委任状を発見。
『あ、出すの忘れた』
今年は特に委任したい人もいなかったので、ついつい出さず仕舞いとなっていました。
 
池田総会の模様はライブでネット配信されたようなので、総会は成立したのかしらん。 ま、このハガキ一枚が総会の成立を左右しなかったようなので、とりあえず一安心。
 
加えて、JARLから会費の振り込み用紙が届く。
う~ん、どうしようか。 
毎年思う事ながら7,200円は高い。 実質、カードの発送と受け取りくらいしかメリットを感じていませんからね。 そう思っている人は多いはず。
はて、今年はどうしたものか。
 

続きを読む "JARL"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

アポジーのリボンスピーカー

Ribbon_sp_3

昨日、市内の知り合いのお宅にお邪魔してきました。
その知り合いは所謂、オーディオマニア。 大魔王のやっていることが『子供レベル』に思えるくらいの『真性オーディオマニア』です。 
 
この方、自宅の隣にオーディオルームを自分で建築していたのですが、先頃ようやく完成したとの連絡が入ったので、視聴に伺わせて頂きました。
 
オーディオルームの広さは8畳くらい。 但し、奥行きと同じくらいの天井高があるので、立方体のような形状になっています。
 
で、正面に鎮座していたのが、写真のスピーカー。 アポジー(Apogee)という会社のリボンスピーカーです。 初めて見ました。
高さは2mくらいありますが、一方で厚みは10cm程度しかありません。
 

続きを読む "アポジーのリボンスピーカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

Train goes shopping

Train_goes_shopping

日常の光景のようです。

続きを読む "Train goes shopping"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

B4-AFT: キッチンタイル

Tail_b4

エッチング液をキッチンタイルの上にまき散らしてから、かれこれ2週間。
 
目地をこすっただけでは色が落ちないので(左写真)、目地材を上から塗ることにしました。
生まれて初めての目地作業です。 正直どうやったら良いのか分からないので、事前にネットでお勉強。
 
大まかには、
①目地材をつくる(具体的には、粉末(セメント)を専用の溶液で溶かし、こねこねする) 
②それをタイルの上に乗せ、ゴムの刷毛で伸ばし隙間に埋めてゆく。
③タイルの上に残った目地材は、濡れた布で拭き取る。
④乾かす
 
といった感じです。

続きを読む "B4-AFT: キッチンタイル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

プロジェクト DMS-05D mark-II :其の六 (外観鋭意検討中)

Mark2_2_2

ハムフェアに向けDMS-05 mark-IIの検討を進めています。

写真は、ゴージャスバージョンの試作2号機です。
 
内部の部品にも凝りますが、やはり外観も大事。
現在、音創り研究会の英知(?)を集めて、部品の選定を進めています。
 
ツマミをアルミ削り出しにすると、質感が上がります(左写真)。
 

続きを読む "プロジェクト DMS-05D mark-II :其の六 (外観鋭意検討中) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

『美しすぎる○○』

20090323231443

ここ数年、マスコミがこの表現をよく使っています。
でも、これ日本語的におかしいと思うのです。
 
そもそも『~○○すぎる』という表現は、度を超えており(結果として)反対方向の効果が出ているときとか、ネガティブな結果になっているときに使うと思うんですけどねえ。
 
<例>
穴が大きすぎてボルトが付けられない。
部品が小さすぎて半田付けできない。
体が大きすぎて服が着られない。
やり過ぎだ、それ。
などなど。 (あ、大魔王の場合、大きすぎる物欲か....coldsweats01
 

続きを読む "『美しすぎる○○』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

大魔王、ガイガーカウンターを試す。

Ecotest

....といっても個人で買ったわけではありません。
会社で買いました。会社で。
 
このカウンタ、ウクライナでは当たり前に使われているベストセラー製品のようです。
ま、チェルノブイリが所在する国だから当然かな。
 
今週入手できたので早速、会社(東京都内)で使ってみました。スイッチをONして表示値を見ると、大体0.08ミリシーベルト前後を示しています。
幾つかの研究機関が最近公表している数値とほぼ同じレベルです。 精度はそこそこのようです。
 
変化を求めて、蛍光灯に近づけてみました。 すると....
 

続きを読む "大魔王、ガイガーカウンターを試す。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

お徳用 インシュロック(ナイロンバンド)

Band_1

約10年ぶりに買いました。
これ、本当にお得です。 なにせ、
 
長さ 100mm(白) x 100本
   100mm(カラー)x 200本
   200mm(白)x 300本
   280mm(白)x 50本
 
の計650本も入っていて、850円なんですから。 (一本あたり1円30銭!)
 

続きを読む "お徳用 インシュロック(ナイロンバンド)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

折るセラ エル (OLCERA L)

Img58086033

先日作ったプリント基板にVカットを入れる目的で、『折るセラ エル』なるカッターを買いました。
プリント基板専用、というわけでもないんですが、通常カッターの50倍以上の硬度を持つセラミック刃、という宣伝文句に惹かれました。 パッケージには次のような特徴が書かれています。
 
永久にサビない刃体!
「用途」
  長期の切れ味を必要とする用途
  水中での使用
  サビによる変色を嫌う用途
  非磁性が必要な作業
  耐薬品性が必要な作業
 
ふむ。 色々な特殊な用途にも使えそう。 いずれにしても最大の売りは、超耐摩耗性のようなので、プリント基板に鋭く切れ目入れるにはFBかと。
 

続きを読む "折るセラ エル (OLCERA L)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

アンテナ整備完了!

Ant_adjust_2

強風のため『あっち向いてホイ』になってしまったアンテナ。
3月以来、度重なる強風で、ずれた角度はなんと100度。
途中、強風を利用してずれた角度を直そうとしましたが、結局うまく行かず、ずっとそのままになっていました。
方位を修正しようにも週末になると決まって天気が悪かったり、風が強かったりしたので作業は出来ず。ただ、今週末は久しぶりに天気に恵まれたので、今朝一気に修正工事をしました。
 
以前にもこのBlogで書いていますが、クランクアップタワーの場合、ローテーターのクランプを緩めたり、締めたりするのが結構大変なんです。
何せ、タワーを一番下まで下げると、タワーユニットが全部タワーの内側に入り込むので、その隙間からスパナを入れなければならないからです。
 
ただ、今日は幸運にもスパナを入れるスペースが確保できたので、作業がスイスイ進み、何と15分程度で方位修正が終わってしまいました。
これ、今までの最速時間です。 (いつもこれなら良いのに)。
 

続きを読む "アンテナ整備完了!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

プロジェクト DMS-05D mark-II :其の五 (試作品完成!)

Dms06_3_2

キッチンでの『エッチング液事件』を乗り越え、何とかDMS-05D mark-IIの試作品が完成しました。

 
正式に採用する予定の部品で仕上げた訳ではありませんが、配線の具合などを調べるために組立てました。
とはいえ、ケースは『スタンダードバージョン』で採用する予定のものを使用しています。
昨年のケースよりも質感はあるかと。 (昨年のケースはこれです)
 

続きを読む "プロジェクト DMS-05D mark-II :其の五 (試作品完成!)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

プロジェクト DMS-05D mark-II :其の四 (こんなん出来ましたあ~)

Dms05d_markii_sample1_2

ようやく評価用の基板が完成しました。写真は、『ゴージャスバージョン』の部品を実装したときの様子です。
あ、これまでDMS-05D mark-IIについて、詳しく説明していませんでしたね。 今のところ次のようなものを計画しています。
 
①スタンダードバージョン
 昨年販売したDMS-05Dと同等の回路、電子部品を使用。 ケースはより質感のあるものに変更。 専用基板を使用。
 
②ゴージャスバージョン
 更に厳選した高品質な部品を採用。 ケースもよりゴージャスに。 専用基板を使用。 回路も進化。 電源部にはDC-DCコンバーター使った両電源回路を採用。 これにより、DMS-05Dと電源のGNDレベルの差異によるトラブルの解消を狙う。 尚、写真奥に写っている黒い大きな部品がそのDC-DCコンバーターです。
(注:今回は基板のバリデーションを目的に部品を実装したので、実際のゴージャスバージョンで使用される部品とは異なる部品が一部使用されています)
 

続きを読む "プロジェクト DMS-05D mark-II :其の四 (こんなん出来ましたあ~)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

プロジェクト DMS-05D mark-II :其の参 (エッチング液が....)

51weknv76ol_sl500_aa300_

パターンフィルムが出来たので、いよいよプリント基板の製作にとりかかりました。
途中の説明は省略しますが、とにかく感光基板へのパターンの焼き付けと、現像が終了したので、次はいよいよエッチング行程。
 
これまでの経験上、エッチング液は、規定値(40~45℃)よりも高めの温度に設定しないと時間が掛かり過ぎてしまうので、今回は(秘密兵器?)酒燗器を流用しエッチング液を保温することにしました。 具体的には、エッチング液を入れたパレットを酒燗器のヒーター部分(左写真の下半分)を使い暖めようとする作戦です。
しめしめ、これなら早くエッチングが終わりそう。
 
さっそくキッチンで作業を開始。 エッチング液の中に基板を入れ、竹箸を使いながら軽く動かす。  ゆさゆさ。 ゆさゆさ。
と、そのとき何かの拍子で手元が狂ってしまい、なな、何とパレットが酒燗器から落下。 エッチング液が白いキッチン・タイルの上、一面にこぼれてしまったのです。
ひえーーーーーーーーーーーーーっ!!! coldsweats02
 

続きを読む "プロジェクト DMS-05D mark-II :其の参 (エッチング液が....)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

プロジェクト DMS-05D mark-II :其の弐

Dms05d_markii_pcb_0_2

昨年大好評だったマイクプリアンプDMS-05D。
開場前からブースに長蛇の列が出来、殺気だった雰囲気の中、あっという間に完売してしまいました。
 
遠くから来て頂いたにもかかわらず入手できない方が多数おられたことは大変申し訳なく思っています。
そうした経緯もあり、今年は内容をリファインしたキット品を出すことにしました。
その名も、DMS-05D mark-II !
 
最大の売りは、専用基板です。 昨年のDMS-05Dは汎用基板に結線をして貰いましたが、今年はプリント基板をおこします。これにより、製作時間が飛躍的に短縮されます。 多分、部品の実装は20分もあれば終了するでしょう。
今年も穴開け加工済みケースが付属しますので、トータルの組立て時間は1時間もかからないと思います。それで、最高の音質!!  うふふっheart01  (あ、ケースも、もっと質感のあるものにアップグレードします)
 

続きを読む "プロジェクト DMS-05D mark-II :其の弐"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

HD800被災

Hd800_hisai

先の大震災では、グラスや、ぐい吞みが落下し壊れました。
 
趣味に関連する機材の被害としてはオシロスコープが落下し、表示画面がまだら模様になってしまいました。
 
それ以外は大きな被害はないと思っていたら、今日、なんとHD800(Sennheiser)が被災していることを発見してしまいました。
イヤーパッド外周部の塗装が剥がれてるではないか!!
 
HD800は、被災したオシロスコープと同じ押し入れに入っていました。
大地震の時は、元の位置からかなり移動していたのを確認していますが、その際何かと接触して塗装が剥がれてしまったと思われます。
地震直後は、ヘッドフォンの位置を元に戻しただけで、余り詳しくは見てはいませんでした。 でも、今日見たら....
 
今年買ったばかりなのに、もう傷物に。
ううっ。

続きを読む "HD800被災"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

大魔王、風を科学する

Wind_1

今日、つくば市では強風が吹いています。 実は先月上旬、強風が吹いたときアンテナの方向が45度くらいずれてしまいました。
GWにでも直そうかと思っていたら、何と先週の強風で(同じ方向に)更にずれてしまいました。 そして、今日の強風。
 
『今までずれた分、この風で元に戻ってくれないかなあ....』
ローテーターを使った経験のある人なら、誰しもそう思うかと。
 
しかし、はて、どうしたら元に戻るのだろう? 風を利用して目的の方向にアンテナの向きをアジャストすることができるのだろうか。 そもそも、強風の時は
①風の吹いている方向に八木アンテナを向けるべき、という人や
②いやいや、受風面積の少ないサイドから風が当たるようにするべき
などなど、昔から議論があります。
 
頭の中でシミュレーションしようとしても、理屈がこんがらがってしまい、さっぱり分かりません。
 
えい! 八木アンテナのモデルを作って、実際に風に当てて確かめてみよう! 頭の中で色々考えるより、モデルで風洞実験のようなことをしたほうが手っ取り早い。 ....というわけで、割り箸とストローで5エレ八木を作ってみました(最初の写真)。 真ん中のストローで継ぎ足したエレメントは、拙宅で使用しているCD78を想定しています。coldsweats01

続きを読む "大魔王、風を科学する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »