« ノイズキャンセル機能付きBluetoothイヤフォン | トップページ | 鉄人、弱る »

2011年6月18日 (土)

あ、こちらは今、205.87です

Out_of_zero_in

それは今日、6mで交信していたときの話。ある局からコールされたんですが、どうも最初から周波数がずれています。
ま、6mですからねこれくらいは良くあること。 
とはいえ、音が甲高く聞こえて聞きづらいので、RITを使ってゼロインを図る。
 
その後、QSOが続きお互いの設備について紹介する段に。 するとその相手、FT DX 9000Dを使っているではないですか。 え!? DX9000なのにこんなに周波数がずれるなんておかしい。
まさか、うちの神様、ルビジウムがいかれたか?
 
恐る恐る相手に、『え~、こちらの無線機の周波数表示は”50”のあとは、206で、その後はゼロが2つになっているんですが、そちらの表示はどうなっていますか? ブレーク』
 
すると即座に、『あ、こちらは今、205.87になってますhappy01』と何の屈託も無い明るい声が。
.....
 
周波数が大きくずれている事に何の疑問も、不都合も感じていないそのOMの明るい声に、それ以上の突っ込みを入れる気持ちが萎えてしまったのでした。
その後、『こちらの局発がずれてるかと思い心配したんですけど、大丈夫みたいで安心しました』と返すのが精一杯。
 
因みに、こちらの日頃の運用スタイルとしては、
①自分がCQを出すときは、1.00kHz刻みの切りの良い周波数で送信するようにし、
②既に出ている局を呼ぶときは、相手の送信周波数に合わせ10Hz単位でゼロインしてからコールしているんですけど。 ちょっと神経質過ぎるのかなあ.....
 
でも、130Hzずれると相当、甲高くなって(或いは低い音にシフトして)聞こえるんですけど、気にしない人にとっては、『それがなにか?』ってことなんでしょう。
QSOの最後に『早坂さんの信号は、良い音質で来ていました』とお褒めの言葉を頂いたものの、なんだか虚しく感じたのでありました。
 
でもやっぱり、130Hzって相当ずれてるよなあ....(独り言)

|

« ノイズキャンセル機能付きBluetoothイヤフォン | トップページ | 鉄人、弱る »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/51976896

この記事へのトラックバック一覧です: あ、こちらは今、205.87です:

« ノイズキャンセル機能付きBluetoothイヤフォン | トップページ | 鉄人、弱る »