« 宮城県大崎市 | トップページ | 音創り研究会 ハムフェア2011 特設HP »

2011年7月15日 (金)

牛肉の一部から放射性セシウムを検出

Images_2

マスコミがまた消費者の不安を煽り、はしゃいでいます。 魚、野菜、茶葉のあと、今度は牛肉。
 
汚染された飼料用の藁を食べた牛の肉が数十頭分、出荷されたと言って大騒ぎ。 『牛肉から○○○ベクレルを検出!』
 
何も知らない消費者は恐れおののくばかり。
 
....あのねえ、牛を一頭丸ごと食べる人がこの世にいるの?? いるわけ無いでしょ? せいぜい食べて、200g程度でしょ? しかも、牛肉を毎日、365日食べる人がいるとでも思ってるの?
 
さっき、報道ステーションを見ていたら、『牛肉1kgあたり、650ベクレルを検出しました!』と、まるで、お祭り騒ぎ。
あのね、そもそも自然界は放射能に満ちあふれているのだよ。 人間は放射線を浴びながら生きているのだし、放射のが無いと生物の進化もなかったのだよ。
 
参考までに言うと、そもそも人体は7,000ベクレルくらいの放射線量をもっているのだよ。 そんなことはお構いなしに、『牛肉から○○○ベクレル!』と連呼の嵐。
 
何だかこの騒ぎ、ちょっと前の『新型インフルエンザ』や、『宮崎の口蹄疫』フィーバーを思い出すなあ。
 
そりゃあ、被曝量は少ないに超したことは無いけど、ちょっと潔癖すぎやしませんか??
マスコミの扇動に惑わされないよう、正しい情報を入手し、冷静な判断をしませう。
 

|

« 宮城県大崎市 | トップページ | 音創り研究会 ハムフェア2011 特設HP »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/52216572

この記事へのトラックバック一覧です: 牛肉の一部から放射性セシウムを検出:

« 宮城県大崎市 | トップページ | 音創り研究会 ハムフェア2011 特設HP »