« あれから半年 | トップページ | 大魔王、ズボンプレッサーを買う »

2011年9月13日 (火)

DMS-05D Mark-II in DEQ2496

 

Deq2496_dms_0

ハムフェア2011のブースで、ゲリラ的に参考展示していたので、これが目にとまった方は少なかったと思います。
 
『DMS-05D Mark-II in DEQ2496』
 
DEQ2496は、非常に高機能で、基本的にはこれ一台でイコライザや、コンプレッサ、エキスパンダなどが使えるので便利なんですが、唯一(?)の不満点はマイクアンプの機能が無いことです。 従って、通常は前段にマイクアンプを入れ、そこで信号を増幅してからDEQ2496で信号処理することになります。
ま、通常はそれで何の不都合も無いんですが、大魔王は1Uの中で『全部入り』を実現したいと以前から思っていました。
そんな中、今年、DMS-05D Mark-II ゴージャスバージョンが完成したので、『あ、これ、そのままDEQ2496の中に入れちゃおう』ということになりました。
幸いなことにベリンガー製品は、大体、中身はスカスカなので、ちょっとした回路を組み入れることが出来ます。
今回DMS-05D Mark-II用におこした専用基板も、2枚入るスペースがあります。 うふっ。 これでR/L ch両方にアンプの機能を入れられるわい。

Deq2496_dms1

写真中央が基板を実装したときの様子です。 我ながら上手く入れ込むことが出来ました。
 
マイクアンプ部が、DEQ2496の内部に入ることにより、インターフェアにも有利になりますからね。
それにこれ一台で、全部出来るとなれば、ラックのスペースも喰いません。 はは。良いことずくめですよ。
 
因みに、ゲイン調整用のボリュームは、背面パネルの残りスペースを使って取り付けました。

Deq2496_dms2


ALPS製の小型ボリュームを使ったので何とか入れ込むことに成功。
将来、いつも使うマイクが固定化されれば、Z201に置き換えようかと。
 
で、実はまだ結線は終わってないんです。
ハムフェアの時も、二日前にやっつけで基板を取り付けただけで、そのあとは手つかず。
もう少し涼しくなってきたら、仕上げようかと思っています。
暑さのせいにしても仕方ないか....? coldsweats01

|

« あれから半年 | トップページ | 大魔王、ズボンプレッサーを買う »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

遂に完成?かと思いました(笑)。
マイクアンプの入力はアナログライン入力L/Rだと思いますが、AES/EBUのキャノンを使うのもテだなぁと一瞬思いましたが、そうするとS/P DIFの同軸出力ができなくなってしまいますね。
まぁ同軸出力することは少ないと思いますが、あまりに位置的に近いので・・・・
ちなみにファンタム電源、内蔵します??

早坂さんに刺激されて、こちらも別の機材で「全部入り」を計画中ですよー。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2011年9月13日 (火) 22時21分

>遂に完成?かと思いました

あはは。
Blogに書いたら、やらざるを得なくなりますから、自分のプレッシャを掛ける意味もありまして...coldsweats01

>ちなみにファンタム電源、内蔵します??
う~ん、スペース的に無理そうです。 今回の改造では、クロック換装もやりますので、それで一杯一杯の感じです。
コンデンサマイクを使うときは、外部ファンタム電源を前段で使う方式になる予定です。

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2011年9月14日 (水) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/52720913

この記事へのトラックバック一覧です: DMS-05D Mark-II in DEQ2496:

« あれから半年 | トップページ | 大魔王、ズボンプレッサーを買う »