« PCC-5000 | トップページ | 大魔王、火災報知器を買う »

2011年10月18日 (火)

DMS-05D Mark-II ゴージャスバージョンの音を更に良くする計画(其の参)

Z201_2改善の余地が殆ど残されていないDMS-05D Mark-Iゴージャスバージョンでの最後の悪あがき。

 
入力段のプルダウン抵抗をオリジナルのタクマンREX”The Pink”から"naked" Z201に変えてみました。
信号の通り道ではないので、果たして音質に変化があるのかどうか、半信半疑でのトライアルでした。
結果は....
 
変わります!
音質の変化を確認できました。
"naked" Z201の方が、S/Nと分解能が良くなった感じで聞こえます。
音全体が締まり、見通しも良くなっています。
 
The Pinkが95点だったとすると、"naked" Z201は96点という感じです。
極端に音質が変わった訳ではありませんが、ヘッドフォンで聴くと、『ああ、確かに違う』という感じで聞こえます。
ただ、SSBの送信帯域では違いが分からないと思います。
 
こうなると、もう自己満足の世界というか、自分が納得するかどうかという領域の話になってしまいます。
なにせ、1点アップさせるためにSSBで有意差が確認できるかどうか分からないのに、抵抗に数千円も投資する、ということになりますからね。
 
最後に、出力段のカップリングコンデンサを赤い悪魔"Dynamicap"に変えようと思ったんですが、大きすぎて現在のケースに収まらないので断念。
というわけで『超ウルトラ・スーパー・ゴージャスバージョン』への改造は、とりあえずこれでお仕舞い。 音の改善が図れたので満足です。happy01

|

« PCC-5000 | トップページ | 大魔王、火災報知器を買う »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/53020174

この記事へのトラックバック一覧です: DMS-05D Mark-II ゴージャスバージョンの音を更に良くする計画(其の参):

« PCC-5000 | トップページ | 大魔王、火災報知器を買う »