« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月に作成された記事

2011年11月29日 (火)

メンソレータム

 

Menthol_1

久しぶりに買いました。
これ、ホントに息の長い製品です。
それもそのはず。パッケージには、『世界中のご家庭で100年以上使われている皮ふ用薬ブランドです』とあります。
なるほど~。
 
外傷が絶えなかった子供の頃、皮ふ用薬としてよく塗っていたのは、

続きを読む "メンソレータム"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

リボンマイク

 

Ribbons_2

DMS-05D Mark-IIの『超ウルトラ・スーパー・ゴージャスバージョン』が完成したので、これを使って久しぶりに『シェークスピア』の収録をしました。
 
とり揃えたのは以下のリボンマイク。

続きを読む "リボンマイク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

RCA純正リボン

 
....の箱です。

Rca_ribbon_1_2

リボンの張り替えをお願いしていた業者からご厚意で頂きました。 
はじめて見ました。
 

続きを読む "RCA純正リボン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

大魔王、久々にリボンマイクを買う

 

R77_0_2

円高のうちにと思い、以前から狙っていたMXLのマイクを思い切って買いました。
 
RCAの77DXに似たR77というリボンマイクです。
で、今回買ったのは、『R77L』という、Lundahlのトランスを採用した限定機です。
オーディオをかじっていると、『Lundahl』という響きには、弱いのです。
『Lundahl』のありなしで、$200も違うんですけど、ふらふらっと買ってしまったのでした。
 
今回は、運悪く通関時に開けられたようで、配達時に¥1,200を徴税されました。くそっ。
 
パッケージはこんな感じ。 結構大きいです。

続きを読む "大魔王、久々にリボンマイクを買う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

W3とJWをゲット! (40m band)

今宵は、久しぶりに40m bandでDXをゲットできました。

最初は、W3JK。TGCのスペシャルステージで、なんとかチェックインできました。
ニューヨークなので距離は10,000km弱くらいかな。
全長12m程度の短縮R-DPでも、時間内にパイルを勝ち抜けました。

その後、同じ周波数で声を掛けてきてくれたJW7XMとも交信に成功。
北極圏なのよね、この局。
コンディションにも恵まれ59-59の交信。

こういう晩もあるんだよなあ~。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

久しぶりの『てっちゃん電源』

 

Kaizou_b4

知り合いのオーディオマニアから頼まれていた電源の改造が終わりました。
依頼内容は、CDトランスポートからのデジタル信号をアナログに変換する装置(D/Aコンバータ)の電源の改造です。
 
あ、『CDトランスポート』とは、CDプレーヤーの機械部分のみを取り出したものです。
ディスクの回転機構やピックアップなどを吟味し、これ以上の機構はもう無いというくらいに極めたメカ装置です。 デジタル-アナログ変換は後段で別の専用機器に任せるという、単機能のオーディオ装置です。
 
そのCDトランスポートから取り出されたデジタル信号を、アナログ信号に変換する装置の電源部が今回の改造ポイントです。 基板を調べたところ、回路は両電源。
±18Vが出力されています。これを出川式電源に改造します。
 

続きを読む "久しぶりの『てっちゃん電源』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

ラックの裏側を整理

 

Back_of_rack_b4

今日は天気も良く、気分が乗っていたので久しぶりにラックの裏側を整理しました。
 
この夏、新しいラックに交換してからというもの、ラックの裏側に回るのが億劫になってしまったため、以降、テキトーに配線を重ねていました。
現状は、いわゆる『スパゲッティー』状態。
ケーブルがあっち行ったり、こっち行ったりで、ぐちゃぐちゃになっていました。
 
どれくらい凄かったかは、左の写真の通り。 ...この世のものとは思えません。
 
今日はそんな状況を改善すべく、1Uラックの下にあるキャスター付き大型ラックを前に移動させ、ラックの裏側に回り込んだのでありました。
 

続きを読む "ラックの裏側を整理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

『超ウルトラ・スーパー・ゴージャスバージョン』完成 :やり直し編

 

Sg_1

先月、完成宣言を出した『DMS-05D Mark-II 超ウルトラ・スーパー・ゴージャスバージョン』。これ

しかし、どうしても納得行かないので、作り直してしまいました。
何が納得行かなかったのか。
 
それはゲインが可変出来ないこと。
それにカップリングコンデンサに、中途半端なグレードのものを付けていたこと。
この2点です。
 
そこで、どうせやるならこれ以上無いものを、ということで、次のようにしました。
 

続きを読む "『超ウルトラ・スーパー・ゴージャスバージョン』完成 :やり直し編"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

ATH-SX1 オーディオテクニカ

41poefeoftl__sl500_aa300_先日、たまたまチャンネルを回したら自衛隊が取り上げられていた。

人気の職業を取り上げている番組だった。はて、いつから自衛隊は人気の職業になったのか?
 
それはさておき、映像は呉基地に移り、カメラは潜水艦の内部に潜入する。
当然、艦内は防衛機密が沢山あるので、所々にぼかしが入っている。
(編集前の映像が、盗まれたらどうするんだろう、などと思う)
 
そんな中、ソナー担当官(ソナーマン)へのインタビューが始まる。
字幕には、『音だけで、速度、針路、距離まで分かる』と出ている。
と、ヘッドフォンを掛けたソナーマンが映し出される。 一瞬だったがロゴからオーディオテクニカ製であることは分かった。
 
おおっ、ソナーマンが毎日、任務で使用しているヘッドフォンとは、どんなものなんだろうか。
その瞬間から、大魔王の神経は、音声よりも映像、しかもヘッドフォンに集中される。
 

続きを読む "ATH-SX1 オーディオテクニカ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

燃えろ! 新日本プロレス

 

Pro_wresring_2

書店で目にした途端、即座に買ってしまいました。
プロレスファンなら、必ず欲しくなるDVDコレクション&解説本です。
 
創刊号(Vol.1)を買いました。 今後、隔週で40号まで発刊される予定です。
 
で、その創刊号の内容はこれ
4試合収録されていますが、大魔王、当時リアルタイムで全部観てました。
約30年ぶりに観ましたが、不思議なほど覚えているものです。
 
どれも素晴らしい試合なので甲乙付け難いのですが、特に次の3試合はプロレスファンにとって歴史的価値のあるものです。

続きを読む "燃えろ! 新日本プロレス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

SPACE BATTLESHIP ヤマト

Ws000002DVDをレンタルして観ました。

この映画、評価が分かれるでしょうね~。
 
まず、原作に忠実な部分と、脚色部分がごちゃ混ぜのため頭が混乱します。
実際には脚色というレベルでは無く、『創作』の域ですよ、これは。
 
TVの第1回目放映からリアルタイムで観てきたコアなファンとしては、『おいおい、原作からそんなに逸脱して良いのかよ~』という感じです。
 
例えば、

続きを読む "SPACE BATTLESHIP ヤマト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

DMS-05D Mark-II ゴージャスバージョン into DEQ2496: 完成!

Dms05d_g_deq2496_2

苦節(?)3ヶ月、ようやく完成しました。
 
大魔王、この9月に転職したこともあり、ごたごたが続き、作業がずっと中断していました。そんな中、最近、ようやく気力も出始めたので今日、一気に仕上げました。
 
思い通りに行かないため、途中で投げだそうかとも思いましたが、何とかDMS-05D Mark-IIゴージャスバージョンを、DEQ2496に入れ込むことが出来ました。 
 
 

続きを読む "DMS-05D Mark-II ゴージャスバージョン into DEQ2496: 完成!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

ミラー

Mirror_1_2

先週、近所のホームセンターに行ったとき、思わず買ってしまいました。
 
無線機の裏側や、手の届かないところを見るのに便利だと思ったんです。
写真のように、歯医者で口の中を見るミラーを大きくしたような格好をしています。

 

続きを読む "ミラー"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »