« ホームシアターの構築(其の弐) | トップページ | 2012年度のIDとPW »

2011年12月11日 (日)

ホームシアターの構築(其の参): とりあえず完成

H5360_03thumb300xauto212遂に完成しました。

ホームシアターを構築する上で一番重要なコンポーネントである、プロジェクターは、AcerのH5360BDにしました。

フルハイビジョン対応ではありませんが、ホームユースとして十分な分解能と画質です。
このプロジェクターにした理由は、先ず第一に価格が安いこと。 実売価格は6万円台ですから、国内メーカーと比べダントツに安いです。
しかも、3D対応。 ついでに3Dメガネも買ってしまいました。 あ、3Dメガネと言っても、メガネの左右に赤と青のフィルムが付いているタイプではありませんよ。 DLP 3D対応メガネです。 簡単に言うと電子制御式のものです。
このH5369BD、小型だし、光量も十分あるので初めてホームシアターを構築する人にはお勧めです。
 
 
プロジェクタの置き場所は、キャビネットの上。 投影距離は、3.2mくらいあるので100インチ程度の画角で見れます。

Home_theater_5

今日、たまたま地デジでサッカーをやっていたので、スクリーンに写してみました。

Home_theater_4_2

選手にカメラが向けられるとこんな感じ。

Home_theater_2

見ての通り、大魔王よりも選手の方が大きく写ります。
 
さっそくレンタルショップに行って、Blue-Rayディスクの映画を借りてきましたが、映像綺麗ですね~。 DVDソフトとは段違いの分解能、映像の綺麗さです。
大魔王、最初はDVDとBlue-Rayの違いは容量サイズだけだと思っていたんですが、間違いなく圧縮率、転送レートが異なりますね。
ホント、感動しました。 字幕もDVDのようにカクカクしておらず、とてもスムースに見えます。
 

サッカーを見ていたら息子が来て、『これ、Play station 3繋げられるの?』。

『HDMI端子が付いていたら繋げられるよ』と回答。
すると、息子、にやりと笑い『うん。ついてる』。
どうやら、プレステ3を100インチのスクリーンに映して遊ぼうとしているようです。
....でも、100インチでゲームしたら、酔っ払っちゃうんじゃないだろうか?

ここ数年は、ビデオレンタルする回数がめっきり減っていたんですが、これでまた映画を見る機会が増えそうです。
 

|

« ホームシアターの構築(其の弐) | トップページ | 2012年度のIDとPW »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/53457977

この記事へのトラックバック一覧です: ホームシアターの構築(其の参): とりあえず完成:

« ホームシアターの構築(其の弐) | トップページ | 2012年度のIDとPW »