« 箱根駅伝2012 神奈川大学 根性の襷リレー | トップページ | 大魔王、万力を買う »

2012年1月 5日 (木)

自作リボンマイクの仕上げ

 

Dmsm_parts_1

昨年暮れに製作したリボンマイク。
いつまでもむき出しの状態では、みっともないのでケースに入れることにしました。
 
とはいえ、自作のマイクなのでケースも自分で作るしかありません。
さて、どうやって作ろうか....
 
で、取り出だしたるは次の2点。『プリンカップ』と、『ペン立て』。
共に近所の100円ショップで買ってきました。 〆て210円也。 
 
まずは、プリンカップの外側を黒のスプレーで塗装。 それに、リボンマイクユニットを装着。
こんな感じになりました。
 

Dmsm_parts_2

因みに、カップの底はこんな風。 

Dmsm_parts_3

キャノンコネクタの外周部のみを露出させるようにしました。統一感を出すため、黒のネジを使用。
 
次に、プリンカップの上にペン立てを逆さまに取り付けて、簡易ウインドシールドの完成。
 

Dmsm_parts_4

リボンマイクの場合は、強力な磁石により周りの金属が吸い寄せられるのを防止する防護ネットの役目も果たします。我ながら、ペン立てはグッドアイディア!
 
マイクスタンドに差し込んだときの写真がこれ。
 

Dmsm_parts_5

ケーブル側のキャノンコネクタの周りにフェルト材をぐるぐる巻きつけ、デブの状態にしてマイクフォルダに差し込み固定しています。
フェルトがショックアブソーバーの役目を果たしてくれるので予想以上に効果抜群です。(見栄えはあまりよくないですけど....)
 
というわけで、記念すべきリボンマイクの一号機が完成。
今後は、リボンの長さや幅、別の磁力、トランスなどを色々と変えてみて、ベストなものを探って行きたいと思っています。
 
あ、リボンマイク一号機を使って6mに出たときの音をJI1ANI福井さんが収録してくれていますので、興味のある方は次をどうぞ。

「ja1bbp_20111231_ribon_2.mp3」をダウンロード

信号が(多分)57程度のときの収録なので音の詳細までは分かりませんが、音の傾向は分かると思います。『自作のマイクです』と説明されないと、気づかない音質かと。(手前味噌??coldsweats01
 
因みに(ヘッドフォンで聞くと分かると思いますが)開始から31secと、37secのところで30Hzの重低音が入っています。37secの重低音は特に大きいので聞こえると思います。
リボンが拾った吹かれによる音を、FT DX 5000がそのまま送信し、それをIC-7800が忠実に受信した結果ですが、SSB通信で30Hzが送受信されているという意味で、興味深い記録だと考えています。
 
ものづくりをやっていると、色々な経験が出来るものです。happy01

|

« 箱根駅伝2012 神奈川大学 根性の襷リレー | トップページ | 大魔王、万力を買う »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/53654265

この記事へのトラックバック一覧です: 自作リボンマイクの仕上げ:

« 箱根駅伝2012 神奈川大学 根性の襷リレー | トップページ | 大魔王、万力を買う »