« FT DX 5000のツマミ | トップページ | 東京スカイツリーからの放送開始はいつなのか? »

2012年2月12日 (日)

はやぶさ 遙かなる帰還

 
さっそく観てきました。
 
結論: 良かったです!
 
結末が分かっている映画なのに、最後まで見入ってしまいました。
 
基本、事実をベースにした映画ではあるものの、ドキュメンタリー作品ではないので、脚色しているところもありました。
ま、興行収入のことを考えると仕方ないかと。 8割くらいは事実に即しているのかな。
 
 
プロジェクトのリーダーである川口淳一郎教授の役には、渡辺謙。
さすがに、良い演技してました。 
 
それで、ん?と思ったのが映画の中での名前。
 
『山口駿一郎』
 
あ、『川』が『山』に入れ替わってる。それに名前も微妙に変えてる。 そこまで似せるのなら、いっそ『川口淳一郎』としたほうが良いのに。
ま、フィクションと、ドキュメンタリーの中間的な作品なので、名前の操作は仕方ないか.....
 
作品の出来映えは予想以上。
CGも駆使して、はやぶさを描いており、リアル感がありました。 
そして何よりも、人間ドラマとしてレベルの高い作品に仕上がっていたというのが、大魔王の感想。 お金も掛けているのが良く分かります。
 
この春、お勧めの一本です。
 

|

« FT DX 5000のツマミ | トップページ | 東京スカイツリーからの放送開始はいつなのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/53964700

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ 遙かなる帰還:

« FT DX 5000のツマミ | トップページ | 東京スカイツリーからの放送開始はいつなのか? »