« Mac's Blog読者限定: リボンマイク用トランス RMX-1共同購入者募集 | トップページ | フレミングの右手の法則 »

2012年2月 5日 (日)

大魔王,リボンマイクのキットを購入す

 

Austion_1

リボンマイクの自作も一山越えたので,参考のため,リボンマイクのキットを購入しました.
あるんですよね~世の中には. リボンマイクのキットが.
 
写真は,そのキットの内容.
 
流石,キット品だけあって,ケースまでしっかり付いています.
因みに今回は,LundahlのLL2912が付属する最上位キットを買いました.
でも,LL2912は,リード線が短く使いにくいので,手元にあったLL2913を使うことに.
下の写真は,組立て途中の模様です.

Austion_

リボンには,オリジナル品(アルミニウム)ではなく,金箔を使いました.
 
あ,ところでキット品を入手してビックリ.
コルゲート処理用に,ダボ材が付いていたんです.
おおっ,太平洋を挟んだ国同士の人間だったせいか(?),考えることは同じだったようですHi.
 
それにしても,このキットのモーター部は洗練されています.
カタカナの『ロ』の字に似た樹脂製のケースの内側に,磁石を接着剤で固定する方式になっています.
 
実は,最初,磁石の固定に失敗しました.使用した接着剤が弱かった為,強力な磁力に負けて磁石同士がくっついてしまったんです.
哀れ,リボンはペシャンコに. あ゛ーーーーー! 貴重な金箔があ~~.
気を持ち直して,次は瞬間接着剤を使い,がっつりと固定したのでした.
 
ところで,キットとはいえ,風防(編み目)部分は,自分で工作するしかありませんでした.
解説のビデオを見ながら,写真のように組立てたのでした.
 

Austion__2

うふっheart01 メーカー製のマイクみたい.
 
完成後,マイクスタンドにセットした姿がこれ.

Austion__3

う~ん,100円ショップで買ったペン立てとプリンカップで作ったケースとは,やっぱり見栄えが違うな~.
 
ま,仕方ないかcoldsweats01

|

« Mac's Blog読者限定: リボンマイク用トランス RMX-1共同購入者募集 | トップページ | フレミングの右手の法則 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/53909897

この記事へのトラックバック一覧です: 大魔王,リボンマイクのキットを購入す:

« Mac's Blog読者限定: リボンマイク用トランス RMX-1共同購入者募集 | トップページ | フレミングの右手の法則 »