« アナログ→ デジタル オーディオコンバーター | トップページ | カーネーション »

2012年4月 8日 (日)

ATH-CKM55の修理

 

Athckm55_b4

ここ数年間で買ったイヤフォンの中で、最もコストパフォーマンスが高いと思っているATH-CKM-55
音漏れがしないカナルタイプなので、まわりにも迷惑を掛けないため気に入って使っていたんですが、先日、突如右耳からの音が聞こえなくなってしまいました。
 
ネットで調べたら、どうやらこのイヤフォン、断線トラブルが多いようです。
ワイヤーが右耳と左耳に分岐している部分を指で押すと、時折、音が聞こえるので、やはり断線のようです。
 
新品を買っても3,000円程度なんですが、エージングも終わってFBな音で鳴っているので、そのまま捨てるには惜しいと思い、修理することにしました。
 
修理は簡単。 分岐しているところをちょん切り、そこにステレオミニジャックを付けることにしました。 信号ラインは、エナメル線のような感じで表面が絶縁されているので、それを紙ヤスリで丁寧に擦り、導体を露出させ半田付け。
 
出来上がりがこれ。↓

Athckm55_aft

音出しもOK。
たかが3,000円程度のイヤフォンの修理ですが、元の状態に戻ったので気分は晴れやか。
 
修理して元の状態にする。 
自らの浪費癖を戒めた一日でありました。coldsweats01

|

« アナログ→ デジタル オーディオコンバーター | トップページ | カーネーション »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/54422347

この記事へのトラックバック一覧です: ATH-CKM55の修理:

« アナログ→ デジタル オーディオコンバーター | トップページ | カーネーション »