« 花散らしの雨 | トップページ | オキシライド電池 最後の1パック »

2012年4月22日 (日)

MJ 5月号

 

51dv2pix7l_sl500_aa300_

MJ誌を久しぶりに買いました。
お目当ては、別冊付録『チューブアンプのための真空管ハンドブック』。
 
各社の12AX7 12AT7 12AU7の試聴記事が書かれているのですよ。
真空管の試聴記事はネット上に沢山ありますが、今回はオーディオ評論家三名が視聴したときのコメントが掲載されているので、参考になるかと思い買った次第。
評論家により評価ポイントが極端に違う真空管もありますが、RCAやTelefunkenなどビッグネームの球は高評価をしている点は共通。

Mj5_1

国産では、東芝の球の評価が高かったのが印象的。
 
『無線と実験』といえば、技術志向の高い雑誌だと思っていたんですが、オーディオ雑誌が取り上げるような”人間の感性”について語る記事も載るようになったんですね。 

これも時代の流れか....

|

« 花散らしの雨 | トップページ | オキシライド電池 最後の1パック »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/54533386

この記事へのトラックバック一覧です: MJ 5月号:

« 花散らしの雨 | トップページ | オキシライド電池 最後の1パック »