« JS-1 Tube お遊び継続中 | トップページ | アナログ→ デジタル オーディオコンバーター »

2012年4月 3日 (火)

PT6-J とりあえずレストア完了

Pt6j_0_3

今日は4連休の最終日。
ケジメを付けるため(?)、PT6-Jのレストアをしました。
 
入手直後は、それなりに動作していたPT6-Jですが、何せ製造後60年を超えるしろもの。
あちらこちらに老化現象が出ていました。
 
そんな訳で、後顧の憂いを無くするため最初に取り組んだのがコンデンサの交換。音の通路にあるカップリングコンデンサを全て交換しました。
 
その次にしたのが真空管の交換。 結果的に全てGEかRCAのNOS球に替えました。
 
で、次が帰還抵抗の交換。 このとき620Ωの抵抗が倍以上の値になっていることを発見。
もしかして、コンデンサ以上に抵抗の方が寿命を迎えているのではないか?
 
その後、エージングを進めるに従い、音がどんどん悪くなってしまった。調べたところ、何と、カソード抵抗が断線していたことが判明。電流が多く流れる部分に使われている抵抗は、劣化も激しいのかしらん?
 
....とまあ、こんなことがあったので、今日、意を決して殆どの抵抗を交換してみました。
あ、交換に使った抵抗は昨日、秋葉原でゲット。 息子の大学の入学式に出たついでに、秋葉原に立ち寄ってきました。(個人的には入学式よりも、秋葉原の方を楽しみに行ってきたのでした....あ、家内には内緒coldsweats01
 
え~っと、抵抗は全部で20本程度交換しました。これで8割くらいの抵抗を交換したことになります。下の写真は取り外した抵抗の一部。 因みに抵抗を測ったら最大で3割くらい値がずれていました。

Pt6j_old_parts

やっぱり交換して正解でした。
 
ところで、抵抗の交換には結構時間が掛かりました。 ラグ端子の穴に抵抗のリードをグルグル巻いた上で半田付けされていたからです。こんな感じ↓

Pt6j_old_parts_0_3

ま、プロ向けの製品なのでこういう処理をしますよね、ふつーは。 でも、修理の時は大変でした、これ。
 
今日の作業で、信号が流れる経路のコンデンサを全てビタミンQ or MUSEに交換。抵抗の大半をDALEのRN60Dに交換。 ケースの中身はこんな感じになりました。

Pt6j_old_parts_3_2

これで、このアンプは、PT6-Jと同じ外観、同じ回路の『別物』となりました。
 
‘50年代当時のオリジナルの音は聞く術もありませんが、”臓器移植”をおこなったPT6-Jの音質がようやく満足のゆくレベルになったので、これにてレストアを終了することにします。 以後、大切に使ってゆこうと思っています。 大魔王が生きている間は、もう部品交換は要らないかと.....coldsweats01

|

« JS-1 Tube お遊び継続中 | トップページ | アナログ→ デジタル オーディオコンバーター »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/54381424

この記事へのトラックバック一覧です: PT6-J とりあえずレストア完了:

« JS-1 Tube お遊び継続中 | トップページ | アナログ→ デジタル オーディオコンバーター »