« サントリー 発泡酒の販売終了 | トップページ | つまらない試合 なでしこジャパン vs 南アフリカ »

2012年7月29日 (日)

デスクアーム型マイクスタンド PSA1(Rode)

Psa1_03

....を新調しました。
 
これまでは、K&Mの安物(23850)を使っていたんですが、長年の使用により、クランプ部分やスプリングがへたってきていました。
使っているうちアームがあらぬ方向に傾いたり、マイクの高さが上手く固定できなかったりするので、イライラしていたんです。
 
安物はやっぱり駄目。 
よし、次はちゃんとしたものを買おう! と思い立ち各社のものを検討。
結果、買ったのはRodeのPSA1。 サウンドハウスで1万円を切る価格なのでお手頃です。

Psa1_2

購入にあたり一番考えたのがデスクにクランプする部分の構造がしっかりしていること。マイクブームが差し込まれる部分なのでここに一番応力が掛かりますからね。
K&Mのは、ここが貧弱でした。 その点、PSA1は円錐型でしっかりしています。

 

それから関節部がスムースであること。できればスプリングを使っていないタイプで、固定したい位置で、ピタッと止まること。 これ大事。
 
最後に耐荷重。1kgは持ち上げて欲しい。
 
などを検討した末、PSA1を買ったのでした。 写真は、実際にマイクを取り付けたときのものです。

Psa1_1

細かなことですが、マイクケーブルをアームにクランプするためのマジックテープが付属しているのは嬉しいですね。 ちゃっかり、”RODE”のロゴも入れてあるし。
 
マイクケーブルをはわせてみて、『お、これは良い!』と思ったのは、関節部分の構造。 ケーブルをガイドするように外周が溝構造になっているんです。
些細なことですが、設計者の配慮が良く分かります。 スジの良い設計です。

Psa1_3

因みに、今まで使っていたK&M製のマイクスタンドはケーブルが付属していました。 しかも、アーム内部にケーブルを通すタイプだったので、ケーブルは外から見えませんでした。 でも、使われているケーブルが正体不明の中国製のものだったので、購入したその日にすぐケーブルを引っこ抜いていたのでした。 結局の所、ベルデンのケーブルをアームに沿わせ、インシュロックで固定して使っていました。 そんなわけなので見栄えがいまいちでした。 
 
さて、使い始めて数日ですが、PSA1を買って正解でした。 アームがしっかりしているので安心感があります。 それに、マイク位置がピタッと決められるので気持ちが良い。
手を離した瞬間、アームが垂れ下がるなんてことがありません。 これ大事。
 
K&M製とたかだか3,000円くらいしか違わないなら、最初からこれを買っておけば良かった、などと今更ながら反省しているのでした。
 
アーム型マイクスタンドを変えただけですが、何だかマイクの前で話すのが楽しくなるのは不思議なものです。happy01

|

« サントリー 発泡酒の販売終了 | トップページ | つまらない試合 なでしこジャパン vs 南アフリカ »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/55304292

この記事へのトラックバック一覧です: デスクアーム型マイクスタンド PSA1(Rode):

« サントリー 発泡酒の販売終了 | トップページ | つまらない試合 なでしこジャパン vs 南アフリカ »