« DMS-05D Mark-IIの修理 | トップページ | 元祖 柿の種 »

2013年1月 6日 (日)

STEREO誌 2013年1月号(音楽之友社)

 
 

Stereo_2013_1

Stereo誌を久しぶりに買いました。
 
今月号には、ヘッドフォンアンプ付きUSB-DACが付属しているんです。
それもキット品ではなく、プリント基板に部品が実装された状態のUSB-DACが付いていて2,800円ですから、お買い得です。
 
 

 
 
あ、USB-DACとは、簡単に言えば、パソコンをCDプレーヤとして動作させ、音を取り出すためのサウンドカードのようなものです。

Stereo006_2

付録の基板には、ヘッドフォンアンプが内蔵されているのでヘッドフォンを繋げば、PCで再生した音楽などを手軽に聞けます。
因みに、パソコンと当基板はUSBケーブルで接続するので、USB-DACと表記されています。

Stereo007

それにしても、ここ数年、PCオーディオの進化は素晴らしく、一昔前のCDプレーヤー以上の音質で音楽を楽しめます。10年くらい前までは、PCでの音楽再生は『PCのオマケ』程度の位置づけでしたからね、それからすると随分と技術が進歩したものです。
PC内蔵のサウンドカードでも、そこそこ音楽が楽しめる時代になっています。
 
 
でも、より高音質を求める声に応えるものとして、アンプ付きDACが多数製品化されています。大魔王所有のDR.DAC2 DX もその一つです。
 
 
で、既にDACを持っている大魔王が何故、Stereo誌を買ったのか?
はい。 それは付録のDACを改造して、より高音質にするためです。 同誌には、付録DACの回路図や、改造指南が記載されているので、好き勝手に改造出来そうなんです。 仮に改造に失敗して動かなくなっても値段が値段なのでショックが少ないということも、買った理由の一つです。
 
因みにこの種の改造、音創り研究会の中では、『ドーピング』hospital と読んでいます。
というわけで、新年の電子工作第二弾は、このDACのドーピングになりそうです。 
さて、どのような音に化けるのやら?? 基板以外、総入れ替えになったりして....coldsweats01
 

|

« DMS-05D Mark-IIの修理 | トップページ | 元祖 柿の種 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/56479589

この記事へのトラックバック一覧です: STEREO誌 2013年1月号(音楽之友社):

« DMS-05D Mark-IIの修理 | トップページ | 元祖 柿の種 »