« ハムフェア2014企画品 Hi-FiマイクアンプキットDMS-09BB | トップページ | ハムフェア2014企画品 低電圧駆動真空管式マイクアンプキット DMS-07GT »

2014年8月12日 (火)

ハムフェア2014企画品 混成アンプキット DMS-10MH

7/27付けのBlogで既に販売予定のキット品についてご紹介していますが、更に詳しい製品情報を配信します。 先ごろマニュアルが完成しましたので、その一部を抜粋してご紹介します。 第二弾は、DMS-10MHです。

Dms10mh_2

予想以上の音の良さに、音創り研究会のメンバーも個人的に購入したい本気で思っているDMS-10MHの開発秘話(?)です。
 
2.DMS-10MH開発の背景
 DMS-10MHの添え字「MH」は「マイクアンプ」「ヘッドフォンアンプ」の頭文字です。当研究会ではハムフェア2012でヘッドフォンアンプ「ELSA YAHA」を発表しました。低電圧駆動の真空管とオペアンプを組み合わせたヘッドフォンアンプ「YAHA」は、自作オーディオマニアの中では広く認知されており、根強いファンが多くいます。この「YAHA」を我々なりに改良し完成度を高めたのが「ELSA YAHA」でしたが、「DMS-06」(CQ誌2011年2月号に掲載)や「DMS-07T」も実は「YAHA」を参考にして設計されたマイクアンプでした。
 
このように、低電圧駆動の真空管を用いたマイクアンプと、ヘッドフォンアンプは源流を同じにするアンプなのです。

6sn7gtbtungsol

そうした中、今回同時に発表される「DMS-07GT」の開発過程で「ブレイクスルー」のヒントがありました。「DMS-07GT」の詳細説明はそちらのマニュアルに譲りますが、「DMS-07GT」は双三極GT管6SN7GTBを1本使用した低電圧駆動のマイクアンプです。
 
当初はこの6SN7GTBを2本使った構成で開発を進めていましたが、6SN7GTBの現行生産管(オールドストック品ではないもの)は高価なため、キット化にあたってはコストが最大の壁になりました。 コストを下げるために何とか1本でできないだろうか? 6SN7は双三極管なので1本で2段増幅が可能です。そうすれば実用的なゲインを稼げそうです。しかし真空管は出力インピーダンスが高いため、何らかの方法で下げなければ、ヘッドフォンなどを鳴らすことが出来ません。従来、真空管を2本使用した場合は最終段をカソードフォロワとして信号を取り出していましたが、今回は(最終段も増幅器として機能させるため)この手が使えません。そこで思いついたのがFETをソースフォロワで使い、インピーダンスを下げる方法です。これならばFETを1本追加するだけで実現できそうです。
 
そうしたコンセプトの下、試作品を組んでマイクを繋ぎ、手持ちのヘッドフォン(インピーダンス63Ω)で聞いてみたところ、驚きの音がしました。自分の声が実に生々しく聴こえてきたのです。fuji
「もしかしたら、マイクアンプの回路でヘッドフォンアンプもできるかもしれないぞ!」
これがDMS-10MH開発のスタートとなりました。
 
3.12AV7との出会い
当初手持ちの球で試行錯誤しましたが、どうもしっくりいきません。
マイクアンプとしては問題ないものの、ヘッドフォンアンプとなると、入力オーバーになりやすく音が割れたり歪ぽくなるのです。マイクアンプは数μVの電圧を数百倍にも増幅しますが、片やヘッドフォンアンプはラインレベルの電圧(ボルトオーダー)をせいぜい5~10倍増幅すれば十分です。扱う電圧と必要とするゲインが全然違うのに、それを同じ回路で済ませることには無理があると思いました。sad
 

12av7_2

そんな中、秋葉原の某真空管ショップで真空管を漁っていたときに、「12AV7」という球がセール品として置いてありました。12AV7は型番からすると12AX7や12AU7の親戚かと思いましたが、使ったことがありません。その場でスマホを使い真空管規格表を検索したところ、内部抵抗は12AU7と同等だが増幅率は高い、ということが分かったので、試しに2本購入して帰宅しました。
 
帰宅後試作品に12AV7を挿してみてびっくり。入力を上げてもあまり歪まず締まった音がするではないですか! これは直線性に優れた素性の良い球かもしれないと直感しました。「12AV7」はYAHAでも定評のある「5965」の互換球であることをあとから知りました。DMS-08SのときのPCL-86もそうでしたが、真空管との出会いは恋人との運命的な出会いのようにも感じます。happy01

**********************  中略 ************************
 
14.あとがき
「あったらいいのになあ」を実現したのがこのDMS-10MHです。
普段、我々の聞いているSSBやCWもこのアンプを通すとこれまで聞いていた音とは違うことに気付くと思います。3kHzのSSB帯域を聞くのも良いですが、たまには20kHz帯域の音を聴くのも宜しいかと。
 
普段は無線のマイクアンプとして使っていただき、無線に疲れたら良い音楽を聴いて気分転換するconfident... そんな使い方をしていただけたら音創り研究会としては本望です。
低電圧駆動の真空管マイクアンプとしてもちろん高い完成度を実現しましたが、ヘッドフォンアンプとしてもかなりのレベルのものができたと自負しています。オペアンプなどの半導体を使ったヘッドフォンアンプとは一味違う、このDMS-10MHを末永くご愛用いただけましたらこの上ない喜びです。

;************ もうちょっと情報 ***********
*DMS-10MHには、ACアダプタ(DC24V)が付属しますが、お手持ちの安定化電源などを使用することで、電源の違いによる音の変化も楽しむことが出来ます。 

*真空管を使っていますが、低電圧なので回路のどこを触っても電撃ショックを受ける心配はありません happy01。 マイクアンプとしては、平衡(バランス)出力が可能となっている為、後段に平衡受けできるオーディオ機材(イコライザや、コンプレッサなど)を接続した場合、ゲインアップ(理論上6dB)するのでS/Nが若干改善します。

*穴あけ加工済みケースが付属しますので、製作が楽です。

;***********************お知らせ********************************

 *ハムフェアでは、オープン直後の混乱を避けるため、キット品の販売については2012年度と同様に整理券をお配りします。 8/23(土)10:00から音創り研究会のブース(C-018)にて整理券をお配りします。 

整理券をお持ちの方には、お手数でも11:00に再度、ブースにお越しいただき、希望者多数の場合には、その場で抽選を行い当選者にキット品をお買い上げいただきます。(整理券は『引換券』ではありません。抽選の権利券とお考えください) 


以上、予めご了承ください。 JA1BBP 早坂

|

« ハムフェア2014企画品 Hi-FiマイクアンプキットDMS-09BB | トップページ | ハムフェア2014企画品 低電圧駆動真空管式マイクアンプキット DMS-07GT »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/60137678

この記事へのトラックバック一覧です: ハムフェア2014企画品 混成アンプキット DMS-10MH:

« ハムフェア2014企画品 Hi-FiマイクアンプキットDMS-09BB | トップページ | ハムフェア2014企画品 低電圧駆動真空管式マイクアンプキット DMS-07GT »