« DMS-10MH スペシャルバージョン製作開始 (其の弐) | トップページ | DMS-10MH スペシャルバージョン完成! »

2014年9月27日 (土)

花子とアン(最終回): NHKともあろうものが....

Hanako_to_ann

『花子とアン』、今日が最終回でしたね。 

番組の内容はともかくとして、『赤毛のアン』出版記念のスピーチで使われていた壇上のマイクに異議あり!!

当時のマイクの代名詞とも言える『77DX(RCA)』が使われていたのですが、時代考証が全くなっていない!

艶消しタイプの77DX(左写真)はこの時代には無かったのです。

全身黒褐色の艶消しタイプが出来たのは、テレビ放送が始まってから。

放送スタジオで使われる照明がマイクにあたって、ぎらつくのを防ぐために艶消しタイプが作られたのでした。 『花子とアン』の最終回の時代設定は昭和27年。 テレビ放送が始まる前です。

そこに、艶消しタイプは無いでしょう? 本当は、このタイプが使われていた筈です。

1045045330rca77dx

....言うまでもなく、NHKは我が国の放送の歴史そのもの。 そのNHKが時代考証を全く無視したマイクを使うとは。

ま、テレビを観ていた大半の人は気づく訳もなく、そんなことどうでもいいことなんですが、大魔王的には、『おいおい、放送機材くらいちゃんとしたものを使えよ』と言いたかったのでした。

『花子とアン』自体は良い番組だったので最後に味噌が付いた感じ。

|

« DMS-10MH スペシャルバージョン製作開始 (其の弐) | トップページ | DMS-10MH スペシャルバージョン完成! »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

以前DMS-05でお世話になった札幌の土田です。
その回、私も見ました。私にはわからないのですが、それでも、「ちゃんと当時の物を置いてるんだろうな」と思いながらマイクに目が行っていました。
そうなんですか。ご慧眼おそれいります。

投稿: 土田 | 2014年9月28日 (日) 09時01分

>ご慧眼おそれいります。
いや~、たまたまマイクが77DXだったから分かったようなものです。
他のマイクだと、このようには行きません。

それにしてもこの趣味をやっていると、TV画面にマイクが写るたびに、つい目がそこに行ってしまうのです。
困った性癖ですcoldsweats01

投稿: JA1BBP/早坂 | 2014年9月29日 (月) 22時17分

言ってくれればきれいな77DXを貸してあげたのにー(笑)

投稿: JA4LYP | 2014年10月 1日 (水) 06時48分

あはは。 たくさんの77DX供出可能者がいるようですね。 NHK監視団の目が全国で光っていることが分かりましたhappy01

投稿: JA1BBP/早坂 | 2014年10月 4日 (土) 20時00分

初めまして。

通りすがりです。

ウィキペディアによるとRCA 77DXは1954年(昭和29年)に発表され、1955年(昭和30年)にカタログに掲載されました。

http://en.wikipedia.org/wiki/RCA_Type_77-DX_microphone

そもそも1927年には存在していないのです。

ここはRCA 77Dを使用するべきでした。

投稿: 須見 | 2015年3月24日 (火) 18時08分

須見さん

コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、時代的には77Dですね。

愛宕山のNHK放送博物館には、77Dも展示されていたと記憶していますが、花子とアンの撮影スタッフは手に入れやすいものを使ったに違いありません。 視聴者のチェックが厳しいですね~。coldsweats01 

投稿: JA1BBP/早坂 | 2015年3月25日 (水) 22時06分

久しぶりに早坂さんのHPを拝見しました。「花子とアン」のマイクがこんなにも話題になっているとは! これを今後に活かしてもらうために、NHKのドラマ部へ直接電話連絡されたら如何でしょうか。NHKでも今は外注化が進み、時代考証が充分に行われなかったとしか思えません。今後のご活躍をお祈りしています。

投稿: 所沢市 青木 | 2015年7月22日 (水) 22時25分

時代背景からすれば放送用でない限り77Dも苦しいでしょう。ホテルなどでの「出版記念」パーティーに指向性マイクが登場するにはまだ早いでしょう、せいぜい国産のNEC 630などWesturn 630形状の各社大型ダイナミック型がせいぜいだと思います。
私の小学校時代(S30~36)都内ですが戦前からのカーボンマイクがまだ使用されていました。
TVドラマで奇異なのは、現代の記者会見シーンで並ぶマイクです。
実際にはShure SM63を中心にサンケンMO-2やMS5ですが、量販店で買ってきた金色マイクやら、これはヒドイものがあります。

投稿: Shin | 2016年2月 4日 (木) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/60384952

この記事へのトラックバック一覧です: 花子とアン(最終回): NHKともあろうものが....:

« DMS-10MH スペシャルバージョン製作開始 (其の弐) | トップページ | DMS-10MH スペシャルバージョン完成! »