« 昆虫採集セット ....いつの間にか無くなっていたのね。 | トップページ | 換骨奪胎 C-1(Behringer): 25円の音はどんなもん? »

2016年5月 5日 (木)

新型リボンマイクフレームの製作(其の壱)

Drm02_1

以前、企画したリボンマイクのキット(DRM-01)は、在庫が無くなってしまいました。

そのため、新たにリボンマイクを自作しようとすると、また、一からフレーム作るしかありません。

ただ、同じものを作っても技術的進歩が無いので、今回は樹脂をやめ、アルミニウムを使ってみることにしました。

まだ、プロトタイプの段階ですが、少しずつ形になってきたので、このあたりで記事にしておきます。 (ま、このBlogは、大魔王の日記代わりなので...)

サイズは、高さ13mm、幅22mm、奥行き52mmと、コンパクトにまとめました。

Drm02_2_2

これなら、最近話題の中華マイク BM-700/800の中に収められます。← これが重要なんですよね~。

Drm02_3

マグネット厚は、従来の3mm⇒5mmに変更して磁力をアップ。 これでモーター部の感度を上げます。

更に、新開発のリボンマイク用トランス(TRM-1)を使えば、トータルで-40dB台の高感度が得られるかしらん?

Drm02_4

うふっheart01  リボンマイクの新作に夢が脹らむわい!

|

« 昆虫採集セット ....いつの間にか無くなっていたのね。 | トップページ | 換骨奪胎 C-1(Behringer): 25円の音はどんなもん? »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/63584941

この記事へのトラックバック一覧です: 新型リボンマイクフレームの製作(其の壱):

« 昆虫採集セット ....いつの間にか無くなっていたのね。 | トップページ | 換骨奪胎 C-1(Behringer): 25円の音はどんなもん? »