« 新型リボンマイクキットの発売決定! | トップページ | TRM-1用ロゴシール »

2016年6月24日 (金)

リボンマイク用高性能トランス TRM-1 "響"を限定販売します

Trm1_br

かねてから開発を進めてきたリボンマイク用高性能トランス TRM-1を一般販売することにしました。

そのロゴ的愛称名は、""。 

あ、『ひびき』ではなく『きょう(Kyo)』と読みます。 『ひびき』だと、どこぞのウィスキーの名前と同じになってしまいますからね。 (^^;)

パンフレットも作りましたので、興味のある方は、

「trm1.pdf」をダウンロード

をクリックしてください。


既にリボンマイクをお持ちの方で、トランスの換装をおこない、音のグレードアップをしてみたい方には最適のトランスです。

このトランスの主な特徴は以下の通りです。

①高巻数比 1:50

 RMX-1(Edcore)や、LL2912(Lundahl)の1:37に対して巻数比が大きいので、リボンマイクからの出力電圧がゲインアップします。巻数比1:37のトランスに対し単純計算で、約2.6dBのアップ。 しかも、トランスは受動素子なので高S/Nのまま、出力がアップします。 これは大きなメリットです。

②太い音、それでいながら中高域が明るく見通しの良い音

 リボンマイクの特徴である太い音を再現しながらも、中高域が明るいというのが、このトランスの特徴です。 従来のリボンマイクとは異なる『新世代』の音を提案します。 

パンフレットの写真と、文言はそれを表現したつもりです。(ま、素人が考えたものなので、上手く伝わっているかどうか分かりませんが.....(^^; )

③極太一次巻き線

 このトランスの一次巻き線に、我々の意図が示されています。上記特性を実現するために最終的にこのようなスペックの巻き線となりました。 その一次側直流抵抗は実測10mΩ~15mΩです。 これは、RMX-1の約1/10です。 リボン箔の実質的な直流抵抗に近づけ、最高の特性を引き出すことを狙った結果、このような姿となりました。我々のこだわりの証です。

④価格

 少量生産の為、コスト高になるのは仕方ないことでしたが、なるべくお求めやすい価格にしました。 RMX-1の国内実勢価格とほぼ同等。 一方、LL2912より3割も安い価格での提供となります。 LL2912よりも音が良いのだから、LL2912以上の価格に、という声もありましたが、所詮、趣味の延長でやっていることなので、同好の諸氏に喜んでいただける価格にしました。

購入希望者は、音創り研究会のHP経由でお申し込みください。

Dscn2347_1_2

前述のとおり、少ロットしか作っていませんので、提供可能数に限りがありますのでご注文はお早めに。 (現在のところ再生産の予定はありません)

発送開始は、都合により6月末頃となりますこと、あらかじめご了承ください。

企画・開発責任者: 早坂(JA1BBP)

|

« 新型リボンマイクキットの発売決定! | トップページ | TRM-1用ロゴシール »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/63823869

この記事へのトラックバック一覧です: リボンマイク用高性能トランス TRM-1 "響"を限定販売します:

« 新型リボンマイクキットの発売決定! | トップページ | TRM-1用ロゴシール »