« リボンマイク専用トランス TRM-1 | トップページ | リボンマイクキットDRM-02 武者修行の旅 »

2016年7月13日 (水)

リボンマイクの音比較: R144 vs DRM-02

R144_vs_drm02

マイクや、スピーカー、ヘッドフォンなどの音響製品は、実際に聞き比べなければ、なかなかその優劣をつけられません。

今回開発しているリボンマイクキットDRM-02も同様です。

メーカー製のマイクと比べて音が良いのか悪いのか、実際に聞き比べてもらうべく、音声を収録してみました。

言うまでもなく、マイクは色々な音を音源とするので、例えばボーカルには向いているが、ピアノには向いていないなど、音源との相性があります。

従って、一概に優劣は付けられないということを、まず理解する必要があります。
ただ、同じリボンマイクであれば、音の傾向が似ているので、比較することは可能と思います。

特に、DRM-02は、『音声』を主音源とすることを前提にしているので、先ずは自分の声を収録してみました。 比較対象は、R144(MXL) です。 価格が手頃なので、無線で使っている人が多いマイクです。
サウンドハウスのHPには、実際にR144を使って収録したファイルがあるので参考になると思います。(ヘッドフォンで聞くことをお勧めします

で、R144を使って収録した音声ファイルがこれ。

「R144_3.mp3」をダウンロード

次に、DRM-02で収録した音声ファイルがこれ。

「DRM-02_3.mp3」をダウンロード

少々、滑舌の悪い箇所がありますが、ま、比較は出来ると思います。(音声ファイルは全て再生する必要はありません。 音声ファイルの再生を途中でやめて、別のファイルを再生させると、即座に音の比較ができます)

特に、低域の出方、パンチの有り無し、中高域の明るさなどに注意して聞いてみると、両マイクの特徴が良く分かると思います。

DRM-02、如何なもんざましょ? coldsweats01

|

« リボンマイク専用トランス TRM-1 | トップページ | リボンマイクキットDRM-02 武者修行の旅 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/63909029

この記事へのトラックバック一覧です: リボンマイクの音比較: R144 vs DRM-02:

« リボンマイク専用トランス TRM-1 | トップページ | リボンマイクキットDRM-02 武者修行の旅 »