« 音創り研究会 ハムフェア2016 出展終了御礼 | トップページ | ハムフェアに来られなかった方への通販開始しました。 »

2016年8月26日 (金)

これからリボンマイクキットDRM-02を組み立てる方へ :注意事項

Ws000006

DRM-02をハムフェア2016で販売して、かれこれ1週間。

既に組み立てを完了し、さっそく無線に使い始めている方も出てきました。

『低域がふくよかなのに中高域が明るい』という従来のリボンマイクにはない音色に満足している旨のレポートを何件か頂いています。
 
ただ、一方では、『キットに入っていたアルミ箔(3本)を全部切ってしまったので、アルミ箔を再販売して欲しい』
という依頼が数件来ています。
 
キットに入っているアルミ箔は、厚さ1.8μm。 家庭用アルミホイルの約1/10の薄さなので、扱いが非常に難しい部材です。
その点は、組立マニュアルにも記載し、注意を喚起しているのですが、不幸にして3本とも切ってしまう方が何人かおられました。
ブースで販売した際に『2回まで失敗できますよ』と言っていたのですが、結果的に全て切ってしまった訳ですから、当人のショックも大きいことでしょう。
 
で、話を聞いて分かったのですが、全員リボンを張るところまでは一応は成功しているのです。
では、何故3本全て切ってしまったのかと言うと、
①コルゲーションが弱いと思ったので、強めにコルゲーションを付けて張り直そうとした。
②リボンのテンションが弱いと思ったので張り直そうとした。
③押さえ板が上手くセットされていないと思ったので、セットし直そうとした。
④リボンと磁石のギャップを調整していたら、近くにあったドライバーが吸い付いてリボンを切ってしまった。
などの理由です。 
 
つまり、やり直し(Re-work)や調整の過程でリボンを切ってしまった、という理由が大半なのです。
 
今回、DRM-02を購入された方の殆どは、リボン張りが初めてという方だと思いますので、上記の点に特に注意してキットの組み立てに挑んで頂きたいと思います。
 
集中力が続く精神状態の時に『リボン1本張るのに1時間掛ける』くらいの心構えでやると失敗も少なくなると思います。頑張ってください!
 
 

|

« 音創り研究会 ハムフェア2016 出展終了御礼 | トップページ | ハムフェアに来られなかった方への通販開始しました。 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

ハムフェアー会場でDRM-2を購入しました。その場で、OMのいろいろな説明を受けちょっとビビりましたHI。ネオジウム磁石にはてこずりましたが無事組み上げました。リボンは何とか2枚目で組みあがりました。

当局は、TS-990+MC-90の構成でマイクゲイン不足を感じていましたが、さっそく接続してみるとMC-90よりゲインがありおどろいています。
マイクアンプが必要かと思っていたのですが。
音質については、これから使っていく中で評価をいただこうと思っています。キットの提供ありがとうございました。

投稿: JA9EEH 松野 | 2016年9月23日 (金) 17時01分

松野OM

なんとかDRM-02が組みあがったとのこと、何よりです。
苦労した分、完成した喜びも大きかったのではないかと思います。

ゲインの件:
MC-90がゲインが小さいマイクとして有名(?)ですので、流石にそれよりはゲインはあります。
多分、10dB以上出力が大きいと思います。

相手局からのレポートを貰いながら、イコライジングしてベストな音を見つけていってください。
(↑言うまでもないことですが、受信帯域が3kHz以上の局でないと、正確なレポートは貰えないと思います)

FB Ham Life !

投稿: JA1BBP/早坂 | 2016年9月24日 (土) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/64114067

この記事へのトラックバック一覧です: これからリボンマイクキットDRM-02を組み立てる方へ :注意事項:

« 音創り研究会 ハムフェア2016 出展終了御礼 | トップページ | ハムフェアに来られなかった方への通販開始しました。 »