« シルバーイーグル換装キット DXM-104 取扱説明書完成! | トップページ | ハムフェア2018 音創り研究会 中古品販売のお知らせ »

2018年8月16日 (木)

音創り研究会(ブース番号C-024) クリスタルマイクの販売方法に関しまして

Edit3_small

ハムフェア2018開催前から、たくさんのアクセスを頂きありがとうございます。
クリスタルマイクにつきましては、予想を上回る反響があり、当会が準備する本数では足りなくなることが確実な状況にあると判断しました。 
そこで、大変心苦しいのですが、クリスタルマイクにつきましては、抽選を行い販売をさせていただきます。 

Dxm01f_1_2


 

*8/16に記載した時間に誤りがありましたので朱記訂正します(8/20 18:00)。

<抽選要旨>

1.クリスタルマイク(DXM-01P, 02S)は抽選による販売とさせていただきます。

2.抽選券の配布と当選発表の予定時間は以下のとおりです。(当日、やむを得ない事情が発生した場合、若干時間が変更となる場合があります)

    抽選券の配布時間   当選発表&引き渡し

8/25(土)1回目    10:00-10:50頃まで          11:00頃から

     2回目   14:00-14:25頃まで          14:30頃から   

  8/26(日)1回のみ 10:00-10:50頃まで          11:00頃から

  *抽選券の配布場所と商品の引き渡し場所は、共に音創り研究会のブース(C-024)です。公平性を期すため抽選券はおひとり様1枚の配布とさせていただきます。

3.DXM-01P-02Sそれぞれで当選者を発表します。 当選者の番号を張り出しますので、2時間以内に商品をお受け取り下さい。発表後2時間経っても当選者が現れない場合、当選を取り消します。

4.販売数に限りがあるため 、DXM-01P, -02S共にそれぞれおひとり様1点に限らせていただきます。

以上、ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。 m(_ _)m

⇒これにより、開場と同時に猛ダッシュして音創り研究会のブースに向かう必要はなくなりました。 抽選前に会場内をゆっくりご覧ください。

|

« シルバーイーグル換装キット DXM-104 取扱説明書完成! | トップページ | ハムフェア2018 音創り研究会 中古品販売のお知らせ »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

 クリスタルマイクが抽選による販売方法になったのは喜ばしい限りです。ただし、初日の抽選券配布時間・抽選時刻に問題があると思います。初日はハムフェアの開催が「10時~」となっていますが、例年入場者の行列が長く続いており、大混雑で後ろの方の一般入場者が実際に会場に入れるのは15分は経ってからです。イベントが11時からになっているのはそのせいもあると思っています。
 出展関係者は特別な入場パスで10時前に入れますから容易に抽選券を入手できるでしょうけれど、特に初日の1回目一般の入場者はブースの前に行ったら抽選券配布が終了し、抽選も終わっていたということになりかねません。午前の部の配布時間が25分と短く抽選時刻が10時30分である理由は何でしょうか? 遠方より来る人の便宜を考えたらもっと参加しやすい時刻に設定できるのではと思いますが。
 私(一般入場者)が抽選券を入手しようと考えるならば、初日の8時前には入場券を買って2時間以上並ぶ覚悟(列の前の方をキープするため)です。そうでないと音創り研究会ブースの前に10:25までに辿り着く自信がありません。抽選に外れたら午後の抽選券配布に賭けますが、この抽選のためにわざわざ2日目も来場する経済的余裕はありません。
 販売を抽選方式にして公平性・平等性を高めたけれど、早くから入場者の列に並ばないと抽選券が入手できないのでは、あまり気持ち良い販売方法とは言えないと思います。行かれない人の為に今後の追加生産・継続販売の見通しについても可能であればアナウンスしてください。「入手チャンスは今回限り」と思ってしまうから争奪戦が加熱するのです。

投稿: 山本隆 | 2018年8月20日 (月) 14時20分

山本さん

こんにちは。コメントありがとうございます。
ご指摘を頂き『はっ!』と気づきました。実は、開場時間を09:00と勘違いしていました。そのため、10:00から抽選券配布、というご案内になっていました。 ←もともと、開場前の長い行列や、遠方から来られる方の事情も考慮しての時間設定でした。

実際には、10:00会場ですので、それに合わせた時間に訂正をします。訂正後の記事をご覧ください。

尚、追加生産、継続販売については現状、何もお約束できない状態です。我々はあくまでも趣味を同じくするメンバーが集まって活動をしている会です。メンバーはそれぞれ本業を持っていますため、それこそ土日や余暇をつぶして、昨年来、マイクの開発をしてきました。現状は、とにかくハムフェア2018に向けて色々と頑張っているところです。

ハムフェアでもし、皆さんからの励ましや熱い要望があり、再びエネルギーが充填されれば続編もあり...??と言ったところです。 歯切れが悪くてすみません。

このたびは、クラブブースとして出展する音創り研究会の企画品に興味を持っていただきありがとうございます。

投稿: JA1BBP/早坂 | 2018年8月20日 (月) 18時10分

早坂様
 素早い対応で午前の部、抽選券配布時間・抽選時刻を修正していただき感謝申しあげます。ありがとうございました。これで私は8時前に東京ビッグサイトに行かなくても良くなりました。最初は各ブース出展関係者(お仲間・お友達)を優遇しようとする仕組みではないか?などと勘ぐっていました。邪推して大変失礼しました。申し訳ありません。
 追加生産・継続販売のご事情はよく分かりました。実は昨年のハムフェア会場で某クラブのブースでトラブルがありました。クラブ員開発のキットがあっという間に売り切れてしまい、買えなかった人が滅茶苦茶なクレームを付けました。理不尽な話だったので開発したクラブ員が感情を害し、「今後一切追加生産しない宣言」という悲しい結果になってしまいました。私は一昨年のハムフェアでは購入できず、その後ネット販売で運良く入手でき、昨年のハムフェアでブースに寄ったらそのトラブルを見掛けたという訳です。私も入手できないままでいたら同じようなクレーマーに変身していた気がしました。
 今回販売のクリスタルマイクも抽選に外れた人から追加生産の要望が出ると思います。細々とでもネット販売を続けていただけたら、その要望に応えることが出来ると思います。製品開発・生産のご苦労は理解し開発者・生産者に敬意を表します。ですがメーカーが作っていない優れた機器が広く出回れば、多くの人が良い音で交信できるようになると思います。私も電気の工作が好きですが、なかなか電子回路の勉強が進みません。知識の豊富な方々で末永く良いマイクや周辺機器を開発し続けていただけると大変助かります。応援を惜しみませんので、是非追加生産・継続販売を続けていただきますよう、お願い申しあげます。

投稿: 山本隆 | 2018年8月21日 (火) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音創り研究会(ブース番号C-024) クリスタルマイクの販売方法に関しまして:

« シルバーイーグル換装キット DXM-104 取扱説明書完成! | トップページ | ハムフェア2018 音創り研究会 中古品販売のお知らせ »