« 砲弾型クリスタルマイクロフォン(DXM-02S)と無線機 | トップページ | ボーカルマイクの形をしたクリスタルマイク(DXM-01P) »

2018年8月 3日 (金)

砲弾型クリスタルマイク・キットの『キット』の意味は?

Edit3_small_2

はい。 

ットであるからには、若干の作業をして頂くことになります。 具体的には、以下の2点です。

①各社トランシーバーのMICコネクタ(8p)のピン配置に合わせてマイクケーブルを半田付けする。

はい。 さすがにこれはユーザー側でやって頂くしかありません。

②音質調整用抵抗器の挿し換え

このマイク、デフォルトでは低域が出るようにしていますが、従来のクリスタルマイクのようにカリカリした音が出るようにもできます(DX用とか)。

抵抗は簡単に挿し換えできるようになっていますので、ユーザー側での作業が楽です。半田付けは不要ですので。

個人的な好みとしては、低域が出るデフォルトのままの方が良いと思っているのですが、ま、そこは個人の好みでどうぞ、というコンセプトです。

言う訳で、キットという割には、ユーザー側での作業はほんのちょっとですから、ご安心ください。  

あ、PTTラインは、無線機の裏側から別途引き出して頂くことになりますので、ご留意願います。それから、このクリスタルマイクは、FETアンプを内蔵しています。その電源は、8pinコネクタに来ているDC(+5V とか+8V)をもらうコンセプトになっています。

、上記の通りこのマイクは、無線機の8pinコネクタへの直挿しを前提に開発していますが、SPDIF(光)で無線機に入れたいとか、無線機の外でイコライジングしたいという方もおられると思います。 その場合は、個人の技量で結線などをして頂くことになりますので、宜しくお願いします。

|

« 砲弾型クリスタルマイクロフォン(DXM-02S)と無線機 | トップページ | ボーカルマイクの形をしたクリスタルマイク(DXM-01P) »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砲弾型クリスタルマイク・キットの『キット』の意味は?:

« 砲弾型クリスタルマイクロフォン(DXM-02S)と無線機 | トップページ | ボーカルマイクの形をしたクリスタルマイク(DXM-01P) »