カテゴリー「天文」の9件の記事

2014年1月29日 (水)

月と金星

今朝、 夜明け前の東の空です。

月と金星が仲良く並んでいました。

続きを読む "月と金星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

月齢24.3

Moon_20130205_3

今朝、夜明け前の月です。 (撮影05:50)

調べてみたら月齢は、24.3。

あと5日で新月となります。

今朝は、月のすぐ近くで、さそり座の一等星アンタレスが赤い光を放っていました。

明け方の夜空もなかなかFBなものです。

続きを読む "月齢24.3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

金星 月 木星

91j1nm

いや~、今月は珍しい天体ショーの連続です。

二週間くらい前は、金星と木星が至近距離で並びましたが、今日は、金星、月、木星が一直線、しかもほぼ等間隔に並びました。

長年、天文を趣味としていますが、こういう光景は滅多にありません。

今年は良いことあるかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

金星と木星が大接近中

 

Tumblr_m0v049lqhe1rphkdfo1_400

宵の西空を見上げると、非常に明るい星が2個、隣り合って見えています。
金星と、木星です。
 
全天で一番明るい星(金星)と、二番目に明るい星(木星)が、見かけ上、近い距離で輝いています。
 

続きを読む "金星と木星が大接近中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

あ、そういえば今日は『スーパームーン』だった。

881

震災と津波、原発の事故で、すっかり頭から飛んでいましたが、昨日は『スーパームーン』でした。
スーパームーンとは、月が地球に最も接近することです。 前回が1993年3月だったので18年ぶりとなります。
 
言うまでも無く月は地球の周り回っていますが、その軌道は円では無く楕円になっています。
地球と月との平均距離は38万4400kmですが、最接近時の距離は35万7000km。一方、一番遠いときは40万5000kmなのでその差は実に約5万kmもあります。
 

続きを読む "あ、そういえば今日は『スーパームーン』だった。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

大魔王、筑波宇宙センター(JAXA)に行く

Jaxa_entrance

今日は、午後半休をとってJAXAに行ってきました。 目的は言わずと知れた、はやぶさが持ち帰ったカプセルとの対面です。何せ、展示は8/2~6迄の平日5日間しかないので、仕事そっちのけで行くしかありません。
 
先週末、相模原で展示があったときには、4時間待ちだったようなので、内心、この炎天下、混んでいたらどうしよう....と思いながら家内と一緒に徒歩でJAXAへ向かったのでした。
 
門をくぐると、直ぐに案内掲示板があったので、その方向に歩くこと2,3分。あれっ? というくらい簡単に展示ルームに辿り着いたのでした。 正直、拍子抜けです。部屋に入ってからは、数分待ちましたが、列は基本的に流れていましたし、待っているという感覚はありません。 相模原とは、大違いです。 ま、人口密度の違いと、ウイークデーということもあるんでしょうが、JAXAは、何のストレスもなく見学できたのでした。
 

続きを読む "大魔王、筑波宇宙センター(JAXA)に行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

はやぶさの大冒険 (山根一眞著)

Hayabusa

遂にドキュメンタリー本が出ました。
著者は、ノンフィクション作家として知る人ぞ知る、山根一眞氏。
 
はやぶさの偉業は、こういう人の手で活字にして貰うことで更に輝きます。
題材と言い、著者と言いこんな素晴らしい組み合わせは滅多にありません。
大魔王、超お勧め、正に『国民必読の』だと思っています。 写真も沢山載っているので分かりやすいです。
 
この本のレビューは、Amazonにも多数書かれていますので、興味のある方はそれを読んでから購入を決めても宜しいかと思います。
 

続きを読む "はやぶさの大冒険 (山根一眞著)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

火星はまだ見頃

Mars_2_1 写真は、今宵の火星です。10月30日に再接近を迎えた火星ですが、あと1ヶ月くらいはまだ見頃です。 10月初旬から撮影のチャンスを狙っていたのですが、天候不順が続いていたり、ドイツ出張などが重なったため、実は、今日が今シーズン初の撮影となりました。 

使用している望遠鏡はMEADE ETX-125EC(口径125mm)で、撮影カメラは、PhilipsのWebカメラを使用しています。今日は、バローレンズの設定にトラブり、像を拡大できなかった為、通常の半分の大きさとなってしまいました。しかも、撮影を始めて20分で曇がでてきて火星を覆い始めたため、やむを得ず観測を中止。 週末に期待であります。

続きを読む "火星はまだ見頃"

| | コメント (0)

今年の秋は火星に注目!

Mars 前回の大接近から、はや2年。久しぶりに火星が地球に接近します。前回は、『何万年ぶりの大接近』だとマスコミが騒ぎましたので随分と話題になりましたが、今回は最大視直径が20.2秒なので前回の4/5くらいの大きさで見えます。 因みに、最接近が10/30なので、向こう数ヶ月間は火星観測の好機です。晴れていれば宵の東の空に赤く目立つ星がある筈です。それが火星です。

写真は前回の大接近の際、自宅前の空き地に望遠鏡を出し、撮影したものです。本来PCで使用されるWebカメラを利用して撮影したものですが、結構良く撮れます。Registaxと言うソフトを使い、コンポジット(重ね合わせ)し1枚の写真にしたものです。

これから秋にかけて夜の時間帯は、『ラジオ少年』ではなく、『天文小僧』になりそうです。最近は、天体イベントのあるときしか望遠鏡を引っ張り出しませんが、考えてみると天文も小学生の頃からの趣味です。 ...やはり、精神構造は成長していないのかしらん。 

初稿:2005年9月10日

| | コメント (0)